GEYSER大学生

Fラン大学生が、女と金を「geyser=噴出」させる話。

武井壮「大学は学びの宝石箱や〜!!」

f:id:geyser-chris:20170811164711p:plain

Youtubeでたまたま見つけたんですけど、

とある番組で、武井壮が大学生からの質問に答えてました。

その質問とは、

「百獣の王は、どのように大学生活を過ごすべきだと考えているか?」

この質問に対する武井壮の回答に、ビリビリと痺れてしまったので、

僕の考えとのハッピーセットで共有したいと思います。

 

大学の四年間は、ホテルのビュッフェである

 

武井壮:俺が学生の頃は就職する気はなかったんだけど、何か手に入れないとって思ってたの。俺はいつもこういう話をするとき言うんだけど、みんな部活とかあるから授業めんどくさいでしょう?練習しんどいから、もう今日は授業いいかとかさ、そういうことすごい考えるでしょう。やっぱり楽しく過ごしたいし。

 

部活やってないくせに死ぬほど考えてしまってますよね。

 

武井壮:でも大学の4年間というのは、二度と帰ってこないぐらい、いろんなものを得られる時間だと思うのね。この後卒業したみんなが今以上に、好きなものを好きなだけ手に入れていい時間はやってこないと思う。
 

4年間っていう制限時間内だったら、好きなものを好きなだけ手に入れていい。

つまり大学生活って、高級ホテルのビュッフェみたいなもんなんですよ。

一流のシェフが作ってんだからそりゃうまいです。

どんだけ食っても怒られません。何食っても怒られません。

 当たり前です。

だってこちとら高い授業料払ってるわけですからね。

 

それなのに、何を血迷ったかほとんどの学生が途中から、

隣のすたみな太郎 に移動し始めるんです。

 

 ビュッフェの方が100倍うまいのは分かっているのに。

高級ホテルは息苦しいんです。ほとんどの人にとって。

どんちゃん騒ぎできませんからね。

だからすたみな太郎でありとあらゆるものを焼肉の網で燃やし始めるんです。

自分の単位とともに。

 

宝石のセルフサービス

 

武井壮:キャンパスには、それぞれの学問の分野で、社会に認められたいろんな先生がいて、その人たちが好きなだけ学んでいいですよって、皆にプレゼントくれる場所なのよ。もう値段つけられないような宝石がいっぱい入った宝石箱を渡されてるようなもんだと思う。

それを「ポケットに入れてもいいよ」って言われてるのに、入れるか入れないかを決めるのは君たちの勝手っていう。だから、卒業するときにポケットに何も入ってない自分で就職活動して、「あなたの会社にこういう魅力持ってきました」って言っても、「いやポケットに宝石ないよね」と大人の人たちはわかるから。この人がどうやって学生生活をすごしてきたのかを見てるから。

だからなんかこの4年間でもうジャラジャラつけて、「この子、宝石まみれできたな・・・!」って思ってもらえるように卒業の日を迎えるのが俺は一番いい過ごし方じゃないかなと思うのね。

 

もし本当に宝石のセルフサービスが大学で行われたら、

サバイバルゲームが始まることは間違いないでしょう。

リアルPUBGです。ドン勝食べないと。

でも現実では、サバイバルゲームは起こる気配すらしません。

なぜか?

みんな気付いていないんです。宝石がセルフサービスだということに。

ただ動かず待ってるんです。非常にもったいない。

 

こんなに楽な世界はありません。

さあ、動き出しましょう。死ぬ気で勉強しましょう。宝石を掴みにいきましょう。

 

僕は宝石で2トントラックをパンパンにして大学を卒業するつもりです。

 

ありがとうございました。