GEYSER大学生

Fラン大学生が、女と金を「geyser=噴出」させる話。

大学生がストリートナンパで初めての即!!!

f:id:geyser-chris:20170917143514j:plain

 

ストリートナンパ出撃15日目の出来事だった。

 

外は生憎の雨模様。

 

池袋駅構内でストることに。

 

池袋駅構内といえば先日、

せっかく連れ出しオファー通ってるのにもかかわらず

方向音痴すぎて迷子になってしまい放流してしまうという

大失態を2連続でやらかし、学習能力の無さを抜群に発揮した場所です。

 

geyser.hateblo.jp

 

 

さあ、1人目に声かけ!

 

清々しいガンシカ。

 

1日の最初の声かけは大体ビビって声が小さくなっちゃいます。

そして第一声の声量が小さいときのガンシカ率は90%超えますね。

 

ナンパの第一声は、堂々とデカイ声で。

 

こんなもん基本中の基本で誰もが知ってることだと思いますが

いざ実践できているかというと

僕は実践できていないことがまだ多いです。

特に最初の3声かけぐらい。

僕の場合その理由は明白で

 

(尋常じゃないほど他人の視線を気にしてしまう)

 

これの対処法として、このように

自分への戒めを文字に起こし

ビビって地蔵したら見返してます。

この後、

まあまあの声量で声かけできて

オープンはさせるものの

なかなか連れ出せずにいました。

声かけ15で連れ出し0。

結構メンタルきててもう帰ろうかと本気で悩みましたw

ですが終電まで後30分あったため

それまでは頑張ろうと気持ちを切り替え

この日16人目に声かけ。イヤホン女子でした。

またまたお得意のお経オープナーです。笑

 

ガ「すいません!ちょっといいすか?」

女「.......(ガンシカ)」

ガ「何聞いてるのかなあ〜って思って。お経?」

女「え、違いますww」

ガ「あ、違う?よかったあ〜変な人じゃなくて。お経だったらどうしようかと思って。」

女「www」

ガ「さすがに笑いすぎでしょw」(めっちゃ笑ってくれてた)

女「だってオモシロイw 何歳?年下っぽい!」

 

良い感じ!この後1分ぐらい並行トークしてから

 

ガ「今日はもう帰るの?」

女「さっきまで新宿で呑んでたけど飲み足りなくて、これから友達と飲み直そっかなって」

ガ「あーそう。何時間後?2時間後ぐらい?笑」

女「いやまだ決まってないんだよねー笑」

ガ「現在進行形で決めてる感じか。」(女がLINE開いたので)

女「そうそうw現在進行形w」

ガ「じゃあそれ決まるまで、お茶しよーぜ。俺喋らされすぎて喉乾いちゃったからさ。」

女「えーー。別に喋らせてないしw」

ガ「いやいや喋らされまくりで喉からっから。てかそんなに切羽詰まってないっしょ?」

女「詰まってはないw」

ガ「じゃあいいじゃん。1杯だけ。」

女「んー1杯だけね!」

 

 

連れ出し成功!!!

 

 

 

西口から地上に上がる。

雨が結構強かったので

歩きすぎるとテンションが下がるのではないかと思い

すぐそこに見えたマックに連れ出し。

 

 

この写真を見るとわかるように

僕は健康志向のためサラダと水を頼んでいます。

どうでもいいですね。

 

この女の子、大学4年生で就活めっちゃ頑張ってたのに

前期で必修科目を落としてしまい結果的に2単位だけ足りず

留年が確定してしまったようです。

 

絶望のどん底系女子ですね。笑

 

留年の絶望感に共感し、思いやるスタンスを根底に見せつつ

 

ガ「一番でかい留年の要因って自分の中では何?」

女「1年生の時に17単位しか取れなかったことかなー。笑」

ガ「めっちゃアホじゃん。そこで気付いて大学やめろよ。笑」

女「うるさいww」

 

とテキトーにいじり倒すことに成功するも、

恋愛トークはいまいち盛り上がらず。

 

大学4年間で一人も彼氏がいなかったらしく

 

ガ「4年間も?なんで?あえて作んなかったの?」

女「私は〇〇学部でー(忘れたけど文系)、ずっと本読んでるだけだから男の子少ないんだよねー。だしみんな大人しいタイプ。」

ガ「全員又吉みたいな?」

女「そこまでじゃないけどww」

ガ「そこまでじゃないか。又吉嫌い?どんな人がタイプなの?」

女「オモシロイ人!そうそう、昔やってたバイト先に元芸人の人がいてー、、、」

 

みたいな感じで話逸れまくりながら30分ぐらい経ったので

ガ「そろそろ行くか。友達どうなった?」(これから飲み直し予定の人)

女「まだわかんなーい。」

ガ「まじか。じゃあ俺と飲み直す?」

女「いや帰ります。早く寝たいんで。」

ガ「あーそう。まあとりあえず出るか。」(平静を装おうもめっちゃショックw)

 

思ってたよりも冷たくあしらわれて、ビビりました。

結局トボトボと駅構内まで2人で戻ってきてしまう。

 

なんとかこの解散ムードを変えたい!

 

そう思った僕は

 

ガ「てかめっちゃアイス食いたくね?アイス買いにいこーぜ。コンビニとかで。」

 

と、ぶっこんでみました。

知る人ぞ知る、アイスクリームルーティンですね。(使いどころから使用目的まで全部違う)

これが意外にも功を奏し

一緒にコンビニへ行くことに。

コンビニではクーリッシュを購入。

f:id:geyser-chris:20170917181518j:plain

スーパーカップとかと違って

全部その場で食べ切らなくてもいいし

溶けても大丈夫だし、最悪店内に持ち込めるからです。(ポケットとかに忍ばせる)

クーリッシュを美味しそうに食べる僕を見て女の子は

女「この寒い中よく食えるね。頭おかしいの?」

とんでもない言いようですが気にしません。

確かに雨のせいでびしょ濡れで寒かったですが。笑

 

僕はコンビニに入る前に通り過ぎた鳥貴族を見逃していませんでした。

クーリッシュを食べながらすかさずオファー。

 

ガ「お、鳥貴族あんじゃん!ここで飲み直さね?クーリッシュと焼き鳥めっちゃ合うんだよね。」

女「いや帰るから。本当に帰る。」

 

びっくりするくらい頑なに拒否。真顔のガチトーンでした。

(これは無理そうだな....)

とは思ったものの、

一か八かで

腰に手を回し

引くほど強引に

ガ「いいからいこーぜ」

クーリッシュを咥えながら押してみたら

 

 

 

 

 

 

女「やだあ〜〜〜〜w」(めっちゃ笑顔で鳥貴族in)

 

 

 

 

 

(ええええええええええええええええええええええええええ!?!?!?!?)

 

 

めっちゃ嬉しそうじゃん!

さっきまでの真顔は何だったの!?!?

嘘だろ!?

これが噂の形式グダってヤツか。。。。

時には強引に押してみる大切さを学びました。

女ってムズカシイ。。。

 

 

鳥貴族では、

好きだった同じサークルの先輩に告白されたのに冷めちゃって1年間告白の返事をしてない話や

また留年の話に戻って

大学を辞めるという選択肢も考えている。という話になって

ガ「それは今まで費やしてきた3年以上の時間とお金を全てとは言わないけど無駄にすることになるじゃないの?それに大学出てるか出てないかって社会出たら全然違うよ。」

みたいな知りもしないことをテキトーに、超偉そうにそれっぽく言ってみたら

女「どっちが先輩か分からないね。笑 さすが理系。言われたこと全部納得しちゃう。」

みたいなこと言われて、お、これは食い付きのサインかな?と思ったので

ガ「いや納得しないほうがいいよ。全部テキトーに言ってるから。そろそろ行くか。」

 

鳥貴族を出て、またコンビニへ。

お酒を買い、ゆっくりできるとこで飲み直そうって流れを作る。

 

女「どこで飲み直すの?」

ガ「そこのホテルでいいっしょ。」

女「やだ!」

ガ「てかエロいこと考えてんだろ。何もしねーから。」

女「.......」

 

 

 

ホテルin

 

 

 

TAVのフレーズ完全コピーです。

あまりにも効果抜群すぎて感動しましたw

 

 

 

 

 

 

 

長すぎる形式グダ

 

 

ホテル入ってしばらく和んでから、

ギラつき開始。

後ろから抱きつく。

ここまではノーグダ。

 

(...いけるか?)

 

ガ「ピアスしてる?」

女「してるよ。」

 

僕自身もピアスしてるので

ピアストークで盛り上がりつつ

耳を触りまくる。

 

沈黙を作り、耳にキス。

ノーグダ。

 

首にキス。

ノーグダ。

 

おっぱい触る。

グダ。拒否られる。

咄嗟に何カップか聞いてごまかす。

 

再び触る。

やはり拒否られる。

 

女「何もしないって言ったじゃん。」

ガ「何もしてないじゃん。」

女「しまくりでしょw」

 

みたいにテキトーに流し、強引に乳首触る。

喘ぎ始めたので、ベッドに押し倒す。

 

チューしようとするも拒否。

女「もう寝よ?」

ガ「寝てんじゃん」

女「何もしないって言ったじゃん。」

ガ「だから何もしてねーじゃん。」

 

とにかく真に受けない。

鳥貴族の前での華麗な形式グダを見た僕は

それだけに徹底した。

いちいち真に受けていたら、負ける。キリがない。

 

女「もう寝たい」

ガ「わかるわかる」

女「寝よ?」

ガ「わかるわかる」

 

 

こんな会話を30分ぐらいずっーーーーーとしながらも

やっとDKまで到達。

 

ふっつうに舌絡ませてくるw

 

最後には照れ笑いしながらも、自分からパンツ脱ぎだしました。

 

さすがの僕もこれには苦笑いしかできませんでしたね。

 

 

まあこのあと、

僕は早漏なので3秒で終わったわけですが(嘘です笑)

 

人生ではじめての即。

この大きな大きな成功体験から得られたものは多いです。

 

女の形式グダというものを実際に体験できたこと。

そしてそれを真に受けず崩せたこと。

 

僕の発言力が若干上がったこと。

0即の奴が地蔵克服法なんか書いても誰も信じませんし

連れ出し後のトークについて自分の考えを語ってもどうでもいいですよね。

即ってから言えやwってなること間違いなしです。

即った経験アリ

という実績ができたのはデカイです。

履歴書に書きたいぐらいです。

これからも情報発信はバンバン続けていくつもりです!

 

そして何より、

 

根拠のない自信が、根拠のある自信へ。

 

街で知らない女に声かけて、抱く。

 

こんな話、昔の僕は信じてませんでした。

でも、都市伝説なんかじゃなかった。

自分自身がそれを証明してしまった。

 

 

ナンパ始めてよかったな!って思いました。

まだ3週間ぐらいしか経ってませんが笑

120人以上への声かけがちょっとは報われた気がしますね。

ですがこれだけで満足せず

これからも日々精進していきたいと思います。

 

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。