GEYSER大学生

Fラン大学生が、金と女を「geyser=噴出」させる話。

25歳巨乳パティシエvs手汗

f:id:geyser-chris:20180414104933j:plain

13日の金曜日

今日がジェイソンにとってのプレミアムフライデーだということを気に留める素振りもなく、

パティシエ子は目の前でガタッと躓いた。

 

本日9声かけ目。

躓いたことを共有スペースとして採用し、大きな笑反応を取れた。

よく笑う子だ。並行トーク中も笑いすぎてまた躓くパティシエ子w

これはイケる。しかも巨乳。見た感じEカップは下回らないだろう。

 

女の子がめちゃくちゃ笑ってくれたら、

「なんでそんな笑ってんの?」

やや呆れたような、妹を可愛がるようなスタンスでいるだけで簡単に主導権を握れる。そこにネグやディスなど必要ない。

 

とりあえずCCA打診をしてみる。軽々と通る。

時間は22時半。時間がない。頭の中には直ネカフェしかなかった。

いつものようにシェアパピコルーティンを使用しネカフェin

 

 

 

〜〜〜ネカフェでの攻防〜〜〜

パティシエ子は25歳。自分の5つ年上だ。

年上相手には年齢を聞かれてもユーモアで誤魔化して時間を稼ぐ必要があると思う。

しつこく年齢を聞いてくる前に深い話をして、アプローチでのふざけた感じや若そうな見た目とのギャップによる食い付きを作らなければならない。

食い付きを作れた状態での20歳開示はむしろプラスに働くことが多い。

「なんで20歳のくせにそんなに深イイの?」

そう言わせたら勝ちだと思ってますw

 

今回はそれが甘かった。

そして時間制限がある中での直ネカフェの場合は、いつものカフェ連れ出しの時とは大きく戦い方を変えて、早めのボディータッチが必要になってくると考える。

しかし、自分はそれに地蔵した。

あまりにも大きな弊害があった。

 

 

 

溢れんばかりの手汗だ。

 

 

実は昔から手汗には悩まされていた。でもそれで特別困ることもなかった。

ハイタッチを求められてもグータッチに無理やり路線変更させるスキルを習得していたし、ナンパを始める前に女の子にボディタッチする機会なんてほとんどなかったから。

 

今回の負けで覚悟を決めた。

手汗との決別 をする!

 

早速amazonでこれを買った。

f:id:geyser-chris:20180414115130j:plain

【ロエグア】手汗クリーム 30g

 

1日3回を目安に2週間使い続ければ手汗が抑制されるとのこと。

効果あるのかは知らんけどとりあえず試してみます!笑

 

 

でも結局はこのツイートで発信したように、

トークで魅了できず食い付きの根拠がない段階でのボディータッチをする勇気がなかった。即はキツそうだな〜と思っている時点でマインドの部分で負けていた。

手汗なんて結局自己正当化するための言い訳に過ぎず、イケるという根拠があれば手汗をネタにしながらボディータッチすることも出来ていたのだろう。

 

とはいえ今回の負けからは希望も見出せた。

パティシエ子は婚活中で年収や肩書き、ルックスをバリバリ気にしていた。(いちばん最近の元彼は29歳のメガバンク勤務の高身長イケメン。ただ性格に難ありでポケモンGOが原因で別れたらしい笑)

そんな5歳年上の女性も、アプローチが上手くいき大きな笑い反応を途絶えさせなければ連れ出せるということ。

それを身をもって体感できた大きな成功体験だ。

連れ出せれば、勝算はある。

 

 

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。