GEYSER大学生

コミュ障大学生が、金と女を「geyser=噴出」させる話。

【10月振り返り】10getチャレンジ&ハロウィンナンパという名の地獄

f:id:geyser-chris:20181214221104j:plain

お久しぶりです!

ガイザーです。

 

10月といえばハロウィン!

年に一度だけのトラックを横転させても許されるイベント。

陽キャたちがどんちゃん騒ぎする中で戦うインキャナンパ師はバリ不利。インキャ専用バリアフリースロープ的存在はどこにもなくて。地道に1段ずつ階段を登っていくしかないということを改めて教えてくれた。

圧倒的アウェイ感。圧倒的ウェイ力不足。

一言で言い表すとすれば

 

......地獄でした。

 

 

そして10月は、月10getに挑戦した月でもありました!

 

 

その結果は.....?

 

○10GETチャレンジ 結果

10/3 即 G値5.30 20歳 犬スト→交番→ネカフェ CPS1160   

特筆事項:ロフトから出てきてすぐを声かけ。挿入直前でゴム忘れたことを正直に伝えたら食いつき上がって即らせてくれた

10/5 準即  G値6.85 18歳 直ネカフェ CPS1030

特筆事項:正直食いつきなさすぎて負けると思ってたけどダメ元でおいでルーティンしたらノーグダで即

10/6 即 G値4.30 23歳 犬スト→交番→ネカフェ CPS1160

特筆事項:アースカラーオープナーが刺さったと思ってたが即後の答え合わせで左目が刺さってただけだと判明

10/7 即 G値3.30 19歳 犬スト→直ネカフェ CPS500

特筆事項:圧倒的スト低wwwwwww

10/10 準即 G値6.00 24歳 直ネカフェ CPS1160

特筆事項:165cmぐらいの高身長。自己開示ほぼ0で逆に食いつきMAX

10/14 コンビ即 G値4.40 18歳 犬コンビスト→コンビニ→セパってお互いネカフェ CPS1300

特筆事項:バカボンさんとコンビ即。バカボン担当バリカタだったのに崩してて興奮した

10/16 準即 G値5.60 19歳 直ネカフェ CPS1200

特筆事項:Eカップ最高すぎた!特に左乳が理想的すぎてずっと左乳に顔埋めてたら食いつき上がった

10/25 即 G値5.10 23歳 スト→コンビニ→ネカフェ CPS1260

特筆事項:私服の子に「そのコスプレめっちゃ似合ってますね!」が刺さるボーナスシーズン

10/27 準即 G値4.50 20歳 直ネカフェ CPS500

特筆事項:ハロウィン初出撃前に無理やり入れたアポ。焼きプリン美味しかった

 

10/31 ハロウィンコンビ即 G値5.25 20歳 FM→ホテル CPS4000

特筆事項:kiさんと念願のハロウィン即。GスカウターによるとGカップ

 

 

ギリギリ10get達成。

 

 

○10getできた要因

・活動場所を獅子→犬へ

自分は9月まで獅子を拠点として活動していることが多かった。

しかし自分自身が20歳ということもあり、即りたいと強く思うのはやはり同年代の若い女の子たちである。

そして同年代には強く刺さるようにファッション、髪型を寄せているので歳上お姉さんには声かけの時点でだいたい足切りされる。

逆に歳上お姉さんを連れ出せた時には、トークで勝負させてもらえるので若さを"武器"へと変換することができ、だいたい負けない。(「君、意外と深い人間だよね。本当に20歳なの?」と言わせたら勝ちみたいなところはある。)

(また、自分が過去即ってきた社会人の職種はアパレルや美容系が多いというところから推測できるのが、恐らく若者ファッションに理解がありファッション刺しできているために連れ出せているケースが多いということ。)

とはいえJDの方が連れ出せる確率は段違いに高いので、JDが多く生息する犬をテリトリーとするべきなのは至極当然で、逆になんで今まで獅子でやってたの?といじられることも多い。(ゴジラへの愛が強すぎた)

犬だと鉄板のゴジラルーティンが使えないので最初は苦戦したが、ゴリラルーティンを元に再構築した交番ルーティンでなんとか戦うことが可能に。

その結果ほぼ全てを直ネカフェで即ることができて1即あたりの平均CPSを1300に抑えることができた。金欠学生はホテルなんて使ってられない。しかし今のご時世でネカフェ即はリスクも大きい。原則としてアルコールは一ミリも使わないのと、自分からは強くギラつかずおいでルーティンで必ず女の子の意思で体を委ねてもらってから、パワーギラと受け取られないよう丁寧にギラつくことは強く意識している。もちろんアフターケアも怠らない。

慣れてからは犬の方が遥かに即りやすく、改めてマーケティングの観点の重要性に気付かされた。

 

・徐々に広がりを見せる過食範囲

まだ若輩者だからか歳上お姉さんに魅力を感じることは少ないので、年齢の面でのターゲットの幅はかなり狭くなっている。ここももう少し広げていきたいところ。だが、スト値の面での過食範囲は徐々に広くなってきていると感じる。

ちょっと前にもツイートしたが、過食範囲は広い方が確実に幸せである。

極端な話、街行く人全員がドストライクだったらそれほど幸せなことはない。

過食範囲が広い→声かけ数が伸びる→成長しやすい

という正のスパイラルは確実に存在する。

自分の周りの凄腕は例外なく過食範囲が広く、過去に数打ちをしてきた過去がある。

また、こんなエピソードもある。

とあるナンパ師と合流してる時、ガイザー値3.8の女の子とすれ違った。ガイザーは、ハンバーグの上にひょっこりと乗ったパセリを薙ぎ払うのと同じような感覚でその女の子をガンシカした。

f:id:geyser-chris:20181215104903j:plain

しかしその合流相手は、

「え、今の子めちゃくちゃ可愛くないですか!?!スト値7はありますよ!!」

と嬉しそうに興奮気味で声かけをしに行った。

そこでハッと気付かされた。スト値なんて判定する人の主観的な値にしか過ぎないのだと。

誰になんと言われようと、"パセリが美味しいと感じる人"には美味しいのである。自分が当然のように取り払うパセリが、大好物だという人は確かに存在する。

目の前にパセリがある時、「まずいから食べたくない」と思ってしまう自分と、「美味しそう!」と喜べる自分。少なくともその瞬間においては、後者の方が幸福度は高い。

B専はある種の才能だと思っていた。

...果たして、後天的にパセリを美味しいと思うことはできるのだろうか?

 

・ハロウィンに向けて9月からコンビストに力を入れていた

 ハロウィンを本番だと設定した上でのトレーニング・練習試合としてコンビストの試行回数を増やしていた9月10月。

しかしぶっちゃけてしまうと、ハロウィンという特殊すぎる環境下ではそこまで役に立たなかったというのが本音である。

原因は、ハロウィンナンパのリサーチ不足・経験不足によるトレーニング方法の選択ミス。

本番ではグループトークでぶん回していくのだから、練習ではもはやグループトークだけで仕上げるぐらいのやり方でも良かったはずだ。

しかしいつの間にか、目先の即に囚われてしまい、今の自分の能力で最も即りやすいスタイルでしかやらなくなってしまっていた。(平たく言えば早めにトークセパを行いソロストと同じ状況を擬似的に作り出すスタイル)

これではグループトークは一向にうまくならない。結果的にハロウィンの現場で戦い傷付きながらもレベルアップし進化していくというポケモンアニメverのポッチャマみたいになってしまった。

 

 

f:id:geyser-chris:20181215105249j:plain

 

 

 

f:id:geyser-chris:20181215105320j:plain

 

コンビストを数多くこなす中で、思わぬ副産物もあった。それはソロストがめちゃめちゃイージーに感じるということである。

コンビストでは女の子2人はもちろん、相方の言動も注意深く観察し拾っていかなければならない。3人を同時に相手にする周辺視野が求められる。

しかしソロストでは1on1。なんて楽チンなのだろうか。

シンプルに個の力が鍛えられたというのもあるだろう。コンビストで必然的に磨かれた観察眼で、共有スペース活用を差し込むスキルが上達した。そのスキルはソロストでもかなり活きて、スムーズなゲーム運びに大きく貢献してくれた。

 

 ○反省点

・ソロストでの声かけ数が100にすら到達しなかった。これはさすがに少なすぎる。もっと過食を広げて声かけ数を伸ばせば間違いなく月15getにも手が届くはず

・8月のチャレンジ時もそうだったが20日を超えたあたりからダラけてくる。月初めのペースをずっと維持したい。

 

 

続きまして、

○平成最後のハロウィンナイト振り返り!

f:id:geyser-chris:20181215104553j:plain

結果としては、最後の最後でki67さんとコスプレコンビ即を達成することができたが

 

全体的な感想としては死ぬほどキツかった。

 

犬でのハロウィンナンパは特殊な環境。

明るくてイケイケなノリとテンションが求められるのはもちろん、

基本的にはグループトーク中心となり、アドリブ力もかなり求められる。ソロストしかしてこなかったガイザーがいっっっちばん弱いところ。正直ソロストなんてほぼアドリブなしで即れるようになっちゃいますからね。

 

つまりガイザーがいちばん向いてないフィールド、それが犬ハロウィン。ハロウィンナンパ適正検査があるとすれば適正立10%にも満たないだろう。獅子でソロストした方が絶対に即りやすいと思う。即りたいだけなら。

 

でも、それじゃ意味がないんだ。

 

はなっから負けにいくようなもん。誰よりも自分自身がわかっている。

はなっから笑い者にされにいくようなもん。それでも激安の殿堂で購入した女性用コスプレに身を包み降り立ったハロウィンナイト。

苦手をなくしたい。克服したい。

この気持ちが他の人よりも強いのだろう。「苦手なことは苦手なままでいい。得意なことで勝負しろ」みたいなことをよく言われる。言わんとしていることはわかる。確かに元々苦手意識のあるステージで勝負をすることは難しいのかもしれない。でも、諦めたくない。少なくとも平均値までは昇華させたい。その結果、自分の強みはさらに輝きを増す。特にこのナンパの世界では。

 

結果、挑んで良かった。

傷だらけになりながらたくさんの学びを得た。

 

 

コミュ力のないインキャに必要なのは"弾丸の数"

 

ハロウィン初出撃の時、恥ずかしい話だが何を話せばいいか全くわからなくなった。通常時のコンビストやソロストでのトークはもはや通用しない。ハンドガンに弾丸を詰め込んでくるのを忘れていた。これじゃただの重たい鈍器だ。もちろんドンキで弾丸など買えない。頭は真っ白になり帰りたいという気持ちさえ芽生えた。

悔しすぎた。

翌日、丸一日使ってひたすら考えた。ハロウィンで刺さるトークとは...?ひたすら弾丸を拵えた。

急遽LINEで呼びかけて即席コンビで再び犬ハロウィンに挑む。この時点でまだ10月28日。正直ここでは結果なんて一切求めていなかった。ただ、仮説と検証がしたかっただけ。31日に即れればそれでいい。

ひたすら撃ちっぱなすとHITするものしないものが見えてくる。HITしたものだけ残す。街に出ていれば仲間のナンパ師と遭遇する。ノリでコンビを申請する。すると自分では考えつかなかったようなクオリティーの高い弾丸を授かる。

 

結局、自分の中で満足いく形ができたのは31日の終電後ぐらいだった。

予定よりはるかに遅れた。

しかし、それからは強かった。

手中には強力な弾丸が何発もある。困ったらこれを一発ずつぶっ放せばいい。ここまでくると自信がこみ上げてくる。その自信は余裕感の体現へとつながる。だんだん楽しくなってくる。アドリブもぽんぽん湧き出てくるようになった。

逆説的だが、

ガッチガチに話すことを決めておくことで、スムーズにアドリブで話せるようになった。

弾丸の数=引き出しの数である。

引き出しの数は多いに越したことはない。

いつか7発しか撃てないこのハンドガンから100発装填可能のマシンガンM-60に機種変したい。

f:id:geyser-chris:20181215125827j:plain

 

ki67さんとコンビ即した2人組に声かけした時、もう頭の中では何も考えていなかった。無我夢中のフロー状態だったのかもしれない。

ガイザー「お互い30分間だけデートしよ!!30分後にフタタビここのセブン集合な!」

 

担当子と繋いだ右手。

 

いつの間にかテルーホinしてた。

 

左手に握っていたハンドガンをふと確認してみると、弾はほとんど残ったままだった。

 

 

 

 

【withAチャレンジ】1即目 ツンデレすぎる医療巨乳子

f:id:geyser-chris:20180812133614j:plain

プレッシャーがえぐかった。

街についた。動悸で息苦しい。

今月あと5即。果たして俺に達成できるのか?

まだまだメンタルが弱い。

 

こういう時に仲間の存在は大きい。合流してトイレについてきてもらう。いつものようにガイザールーティンをこなす。

少しだけリラックスできた。

 

 

3声かけめ。

歩くの遅めの巨乳子を仲間が指名してくれた。

オープンはしたが、当たりがなかなかきつい。てか軽く怒ってる。笑

 

「で、なんなんですか?なんで話しかけてきたの?!」

「私は暇じゃないから!さっき友達を放流してこれからどうしようかなって歩きながら考えてただけなの!......つまり暇なの!!!(怒り口調)」

 

 

 

???

 

 

 

 

経験則だが、聞いてもないのにベラベラ自己開示してくる奴はだいたいイケる。

と思ってコンビニ打診するも意外と通らない。

ファミマグダだと判断して、違う店舗のファミマへ。

これもグダ。やはりファミマがグダなのか。

 

「いやだから行かないから。もう帰る!!」

 

グダり方は強いくせに、ずっとついてきてはいる。

女の言葉に騙されてはいけない。行動だけに着目する。粘ればいけるパターンだと判断できる。

 

普段あまりやらないけど、偽りの時間制限ってやつをやってみる。

 

「俺あと2時間後、8時から新宿で飲み会があるんだよね。男6人で。笑 お互いの日々や将来の話で熱くなって殴り合いになりがちなやつね。」

名付けて、CORE PRIDEルーティン

 

「なにそれwwじゃあ7時まで一緒にいよ!私も7時から新宿いくし。」

 

きた!

 

CORE PRIDEが刺さったか。笑

すかさずファミマへ戻る。

ファミマを目の前にして、職業質問がくる。

「てか普段はなにしてる人なの?」

「ホームレス。」

「は?ww ......怖い!笑 怖い!!やっぱり帰る!!!」

 

なるほど。。

意外ときっちり自己開示してほしい女の子のようだ。

和めてはいるが、とにかく警戒心が強い。

 

必殺技のカミングアウトルーティンを仕方なく使う。

まあ正直に年齢と職業を言うだけなんだけど。笑

 

今まで一貫してふざけたテンションで質問をユーモアで受け流し、一切プライベートを自己開示してこなかったので

トーンを落とし、低い声でゆっくりと落ち着き真面目な雰囲気で自己開示するだけで、女の子はそれを簡単に信じる。

たとえそれが嘘だったとしても。

 

十分すぎるほど和めてることが大前提だが、カミングアウトして連れ出せなかったことはほとんどない。まさに必殺技。

 

 

その後ようやくファミマに連れ出してパピコ購入。

ネカフェ打診するも個室グダのためカラオケ打診。これはあっさり通る。

カラオケも個室なのにね?

と思いきやカラオケ前でやっぱりグダ。

「やっぱり帰る!!!」

「てかさっきから何でそんなにヒステリックグラマーなの?」

「ww ヒステリックじゃないし....笑」

「一曲奏でたいだけだから。」

 

 

カラオケin

 

 

 

 

ギラつくととにかくデレがすごい。今までのキャラと違いすぎて笑いそうになる。あんなに強くグダっていたのが嘘のようだ。

巨乳なのは分かっていたが、Bチクも死ぬほど綺麗なEカップ、プラスでくびれもすごい。今まで抱いてきた中でもトップクラスの最高のスタイル。

めちゃくちゃ興奮した。

 

なのに、彼女は自分の体に自信がなかった。

挿入してからもなかなかワンピース脱いでくれなかったし、

「裸見られるの恥ずかしいから早くイッて!!!」

早くイキすぎて怒られた経験は何度もあるが、その逆パターンは初めての経験だった。

 

なぜだろう?

何か闇がありそうな気がした。

 

今の俺には、褒めまくることしかできなかった。

これでもかというぐらい褒めまくった。行為の最初から最後まで。

これを機に、少しでも自信を持ってくれたらいいな。いつの間にかそんな感情が芽生えていた。

 

巨乳は正義。

 

 

f:id:geyser-chris:20181024200801p:plain

 

 

 

これでwithAチャレンジは残り4即。

初日に即れたのは本当にでかい。

肩の荷が一気におりたような感覚。

 

 

あと4即、死ぬ気で頑張ろう。

【ストナンチャレンジ】平成最後の8月、あと5即します! with A

f:id:geyser-chris:20180811124240j:plain

とんでもないことになったぞ!!笑

Aさんとコラボキャスしていたらいつの間にか

 

今月あと5即しないと罰ゲーム!!!!

 

という状況に追い込まれていた。笑

 

きっかけは、

お互いのストリートナンパへのモチベーションの低下。

即への執念の無さ。

 

ナンパ初めて間もない頃は、今振り返ってみると相当頑張っていた。平気で週6で出てた。暑かろうが雨が降っていようが関係なかった。

月平均22出撃とかだった気がする。

今年の1月なんかはインフルエンザ的病原菌に犯されながらも龍角散を舐めながら声かけしていた。並行トークしてるとだんだん龍角散の効果が切れてきて声が出なくなり痰が絡みだし、まともに連れ出せなかったが。笑

 

 

今はどうか?

 

 

「今日雨だけど出る?」

と言ってくれる仲間の存在があるにも関わらず、

 

 

『.......ごめん、雨グダだわ』

 

 

 

ヘタレになっていた。

甘えていた。

そんな自分を認めたくなかった。

 

 

Aさんも同じようなことを感じていた。

過去の頑張っていた自分を取り戻すためにはどうすればいいのだろう?

どうすればストリートナンパへの情熱を再燃できるのか?

 

 

 

 

 

「追い込むしかないでしょ。」

 

 

 

 

 

 

 

ということで始まった今回のチャレンジ。

今月すでに1/3が経過している状態からの5即なので、実質的には月8即にチャレンジするのと同程度の難易度なのかな?

Aさんと共に挑みます。

 

ルール

・今月あと5即する。

・ストリートナンパでの即のみカウント。準即はノーカウント

・達成できなかったら罰ゲーム(これは追々考えます)

 

 

 

もうすぐナンパ歴1年になるが、今まで数にコミットした経験がなかった。

そろそろ数にコミットしてみてもいい時期なのかもしれないな。そう思っていた部分もあった。

また、ずっと悩まされている選び地蔵問題の解決の一つのきっかけにもなってくれるのではないかと思っている。

常に追い込まれている状況・即への執念があれば、ターゲットを選んでいる余裕などないはず。

 

 

 

燃えてきた。 

 

 

 

  

数を追うことで見えてくるものも必ずあると思う。

【平成最後の8月】2即目

f:id:geyser-chris:20180810103804j:plain

台風も過ぎ去り久々のスト inゴジラの街

 

3声かけ目

 

21歳JD連れ出し負け。

明日の朝早いグダ。6時起きらしい。

経験則だが、朝早いグダって一見崩しやすそうで意外と崩せない。根強い。

 

6声かけ目

 

23歳JDゴジラ連れ出し→コンビニ→ネカフェ即

声かけた瞬間わかった。あまり慣れてない子だろう。

こういうタイプはきちんと自己開示しないとなかなか心の奥底にある警戒心が解けない。路上でビタ止めしてから10分以上はグダられただろうか。

食い付きはある。押せばイケる。

背中をボディタッチしながら押してみる。物理的に笑

するとそこに関してはノーグダ。

やはり怪しさが勝ってるいるのだろう。とはいえ自己開示はしすぎたくない。真面目なガチトーンの自己開示は最後の必殺技だ。攻めあぐねる。。

すると、目の前を男の外人2人組が何かを落としながら過ぎ去る。ポイ捨てか?

 

 

いや、違う。

 

 

 

よく見ると一万円札だ!

 

 

 

 

 

急いで拾う。

JD子の背中を押しながら

「届けにいくぞ!!」

「いや。。。でもこれが理由で付いて行ったみたいでイヤだ。。」

 

 

 

こいつまじかwww

 

 

 

しゃあなしJD子を置いて外人さんに届けに行く。ちょうど信号で止まってくれててよかったわ。

 

振り返ると意外にもJD子がちょっと離れた場所で見てた。

 

「よし!無事人助けもできたことだしゴジラ見に行くか!!」

「.....うん。」

 

さすがに俺の人間性が刺さったか^^ (一瞬ネコBBAが頭をよぎったけどね?)

 

「でも今日はたまたま飲みが早く終わって時間があっただけだから!いつもは付いていかないから!それに◎$♪×△¥●&?#$!

 

 

こいつまじかwww

 

 

 

 

 

即。

 

 

 

 

 

意識高い系

f:id:geyser-chris:20180809142310j:plain

 

ナンパ師や恋愛工学生って、世間一般からすれば

意識高い人が多いと思う。

少なくとも、自分の大学には

ここまで何かに本気で取り組んでるやつは

こんなにも自分と向き合って真剣に人生を生きてるやつは

少ないんだろうなと思う。

特に恋愛に関しては。

これは自分だけでなく周りの仲間やTwitterを見て思ったこと。

 

どっちが良い悪いの話ではなくて。

 

生き様。

 

自分は将来どうなりたいのか?

どんな生活をしていたいのか?

誰と、どこで、何を食べて、何をして生きたいのか。

ビジョン。

 

そのビジョンによって

今この瞬間の過ごし方も人それぞれ違ってくるだろう。

 

みたいなことはTAVの岡田さんから教わった笑

 

 

ナンパクラスタに囲われた中で

意識高い系のことをつぶやいても

ドン引きされることは少ない。

むしろ賞賛される。

それはみんなが目的は違えど同じようなベクトルを向いているから。

そういう集まりだから。

 

自分と同じような境遇の人だったり、同じ時期に活動を始めた人だったり、年齢が近かったり、全く境遇は違えど知っている人だったり

そういう人々が努力している姿

メッセージ

 

勇気をもらえる。

じぶんも頑張ろうと思える。

負けてらんねぇって思える。

 

自分が情報発信を始めた理由もここにある。

誰かを勇気づけたい。奮い立たせたい。きっかけになりたい。

 

 

 

 

同じ大学のとある男の子のLINEのステータスメッセージが更新されていた。

 

 

 

常識とは、疑うもの。

 

 

 

とのこと。

 

なぜだろう?

 

ちょっと痛いなって思ってしまった。笑

そのメッセージには共感できるのに。

 

Twitterで凄腕ナンパ師が同じことをつぶやいてたら、もしかしたらいいねを押していたかもしれない。もしかしたら。

 

結局

何を言うかよりも誰が言うか

というところに行き着くのだろうか?

 

単位時間当たりの必要声かけ数はいくつ?

f:id:geyser-chris:20180808123134j:plain

 

1時間でどれぐらい声かけすればいいんだろう?

 

10分に1人、つまり1時間で6人声かけできれば良い方かな?

 

いやいやそんなんじゃ足りない!5分に1人で12声かけだ!

そう熱く誓った日もあった。

 

実際に街に出てみると、どうだろうか?

厳選に厳選を重ね、15分経ってようやく1声かけとかZARAである

 

 

原因はシンプルで。

 

 

自意識だけの肥大化

 

 

いつだかのブログにも書いたが

緊急性があればこんなことにはならないはずだ。

 

geyser.hateblo.jp

 

 

 

緊急性≒声をかける理由

 

いや、

緊急性=声をかけなくてはならない理由

である。

 

ナンパ師は普段、女の子に対して打診を通すために理由付けを行っていると思うがその理由付けを自分に対して行ってあげる。

 

ガイザーの場合

「あ、あの子はそんなに可愛くないけど巨乳だから行こ!w」

 

僕と合流してくださる方はよく見る光景だと思いますが、これも自分に「巨乳だから」という理由付けをしているわけですね。

理由付けをして緊急性を生み出している。

 

初心者が指名された時だけはいけるのもこれ。

 

 

じゃあ常に緊急性を作れば良いんじゃね????

 

 

ということで編み出されたのが

「Gタイマー」

何のGなのか?それはあなたのイマジネーションに任せます。

 

システムとしては

例えば自分が5分に1人声かけしたかったら

5分でタイマーをセットして

それを時限式である大タル爆弾Gと見立てる。

f:id:geyser-chris:20180808132801j:plain

 

爆発したらとんでもない罰ゲームが待っているので、声かけするしかないということですね!

 

 

ここからようやく本題に入ります。

 

 

Gタイマーを何分に設定すれば良いのか。

それは必要な単位時間当たりの声かけ数から逆算して求めることになる。

 

1時間で何人に声かけすれば良いのだろう?

即りまくってる凄腕たちは一体どれぐらいのペースで声かけしているのだろう?

ちょうど最近、ある凄腕が1日ごとの声かけ数をツイートしていた。

正直驚いた。

もちろん2声かけ目で即る日もあるが、

平日20時以降から開始してなおかつツイてない日には20声かけ以上、日によっては30声かけ以上して即っているとのことでした。

やはり華々しい即報の裏には泥臭い声かけ数があるということだろう。

自分よりナンパが上手い人が、

自分より遥かに多く声かけをこなしてる。

 

奮い立たされた。

 

本来なら、ナンパが下手な分、

声かけ数では負けてはいけないはずだ。

 

試行回数を少しでも増やして追いつかなければならないはずだ。

 

その凄腕はだいたい1時間に10人ぐらいの声かけ数だろうか。

 

 

......

 

 

 

 

 

  

タイマーを5分に設定すると決めた。

 

 

新宿マンション奢ラレヤー系キャバ嬢ゴジラ連れ出し

f:id:geyser-chris:20180618105810p:plain

酔っていたようだ。

 

 

「こんな酔っ払いでごめんね?」

 

 

確かに、彼女の顔をまじまじと見つめると頬が少し赤らんでいた。

いつもの自分なら、すぐに気付くレベルだろう。

しかしこの時は言われるまで気付かなかった。

目を合わせるだけで精一杯だった。

相手を観察する余裕がなかった。

 

 

それだけ、自分好みの女だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日も新宿。

前々からお会いしたかったナンパ師の方々と少しだけお話できてテンションも上がっていた。やはり新規合流は良い刺激を貰える。

しかし、地蔵トークをするために1時間以上かけて来たわけではない。

声かけに集中するために3丁目へ移動。

 

 

明らかに可愛い子とすれ違った。

ゆっくりとUターンして後を追う。

アクセシブルラグジュアリーブランドのリュックを背負っている。それをオープナーとして採用した。

 

 

爆オープン。

 

 

自分のファッションが刺さった。やはり流行に敏感な夜系の子には刺さる。

それにしても可愛い。

ぱっちり二重。おっぱいもそれなりにある。CよりのDぐらいかな?

 

並行トークしながら話を聞くと

・さっきまで客飲みしていた

・20分後にとある場所で男と待ち合わせをしている

・今日もめちゃくちゃナンパされた自慢

・21歳キャバ嬢

・太客のきもいIT社長に新宿のマンションの家賃全部払ってもらってる

 

本当に実在したんだ、こういう奢られ子。笑

爆オープンしたのは、待ち合わせまでの20分という半端な時間をどう潰そうか迷っていたからだろう。

ラッキーすぎた。

 

「待ち合わせ場所の近くまで歩いていいですか?」

「かまわんよ、どこで待ち合わせなの?」

「ここずっとまっすぐ行って〜〜〜左です!」(訳のわからん道の連続)

「待ち合わせ場所のクセ強すぎじゃない?」

「ww まあいろいろあるんですよw」

 

結局大体の場所しか教えてくれないし、なんでそんな場所で待ち合わせなのか?謎が残る。

 

 

奢られ子、途中で迷子になる。

とりあえずそこらへんのベンチに座る。

さすがに持ち時間20分での即は困難を極める。食い付きを極限まで高めて連絡先を交換し、次回のアポに繋げることが求められる局面だ。

しかしここでガイザーは.....

 

 

 

 

 

 

 

ゲットを諦めた!!!

 

ナンパ師としてあるまじき行為。笑

でも、いける気がしなかった。

だって顔見るだけでソワソワするし。笑

せっかくだし楽しく話せればそれで良いかなと純粋に思ってしまっていた。

 

 

 

これが功を奏した。

 

可愛すぎるが故にしていた緊張が、一気に解けた。

だって別にゲットしなくてもいいからね?

肩の荷が一気に下りた感覚。自然体で振る舞えるようになった。

スト高キャバ嬢とはいえ、中身は普通の女だなってことに気付いた。

本質は変わらない。 

 

 

これから会う男について深堀りしていくと、彼氏ではなく友達以上恋人未満の存在に近いらしい。

奢られ子はその男に対して「付き合いたい!彼女にしてほしい!」という感情を持っているが、それは叶わぬ願いだということを男の態度からひしひしと感じ取っているようだ。

 

「彼女にして欲しい願望はあるけど、それをぶつけてしまったら”重い女”だと思われたり、嫌われたりするんじゃないかって怖いんだよな。」

「そうなの.....」

「自分の感情を押し殺してでも一緒にいたい。あーでもやっぱり気持ちを伝えたい....っていう葛藤の連続だよね笑」

「そうそう!本当にそうなの!わかってるね〜♩!」

 

奢られ子は分かりやすい。

ごく稀にクリティカルヒットが決まると、「わかってるね〜♩!」と言ってくれる。笑

f:id:geyser-chris:20180618210750p:plain

対峙会話で女の子の闇を深堀る際、この"分かってる感"をどれだけ体現できるかがキーポイントになる。

いきなり闇を探ろうとしても、 「なんでお前にそんなこと言わなきゃいけないの?」 と思われるのがオチ。

話しても理解してくれなさそう、分かってくれなさそうな人に悩みを打ち明けようとは思わないはずだ。

 

話を引き出しながら、「わかってるね〜♩!」と言わせることにフォーカスを当てる。

 

しかし相手はキャバ嬢だ。やはり一筋縄ではいかない。

奢られ子の内面を引き出したいのに、すぐにこっちに話を振ってくる。

会話のスポットライトを奢られ子に当てても、いつの間にかまた自分が照らされている。

全て跳ね返される。

 

エンドレス・ディメンション・ウォール。

f:id:geyser-chris:20180618220136j:plain

 

 

 

深堀りしづらすぎるwww

 

 

このカードから分かるのは、さっきまで客飲みしてたからか知らないが営業モードが抜けきっていないということ。気を遣われているということ。言い合える関係が完全には構築できていないということ。

ディメンション・ウォールを毎回発動してくるとはいえども、ちゃんと質問には答えてくれる。そこでしっかり"分かってる感"を体現しつつ、相手からの跳ね返しは全てユーモアで流す作戦に出る。

f:id:geyser-chris:20180619142422j:plain

 

この作戦がワーク。

だんだん相手からのプットが増えてきて、罠の発動が疎かになっている。イイ感じ。

 

そしてこのタイミングで、奢られ子にLINEが。

これから会う予定の男からだ。

「50分ぐらい遅れる」とのこと!

 

あれ、即の可能性見えてきた???

すかさずゴジラ打診!!!!

 

全く諦めてなかったw

 

  

いつものようにゴジラを眺めた後、コンビニでピノを買う。

ネカフェ打診しようとするも、先に「あそこのベンチで座りましょ!」

やられた!

 

 

・日曜日の21時ぐらいだったので経験則からネカフェ入っても満室で40分ぐらい待たされることが目に見えていた

ゴジラからさっきの待ち合わせ場所付近まで結構遠い

・即れるほどの食い付きはまだない

 

(うーーん、まあいいか^^)

 

 

あ、すぐ諦めた。

 

 

ベンチに座り、気を取り直して和み直す。

 

・キャバクラに来る痛い客の悪共有

→勘違いS野郎、ボキャ貧、金遣いが悪いなど

逆に好印象の客は、「褒めてくれて金遣いがいい人♡」

客を恋愛対象として見たことは一度たりともないらしい。やはり客として出会ってしまうと厳しいのだろうか?

 

・思ったことをすぐポロリしてしまう

→思ってることが無意識に口から出てきてしまうのでそれが原因でお客さんからチェンジされたり帰られたりすることが多いらしい笑

「例えば?」

「オモシロイ顔ですね!」とかかな」

いや絶対ダメだろwwww

「どんな顔だったん?」

「水族館にいそうな」

チョウチンアンコウ的な?笑」

「そうそうそう!wwwわかってるね〜♩!

 

f:id:geyser-chris:20180619003401p:plain

(あかん変なとこでクリティカルヒット出してもうた.....)

 

散々いじった後に「素直すぎるんだね? 」とリフレミーングフォローしてあげる優しいガイザー。これ些細なことだけど意外と大事な気がする!

 

・友達が少ない。腹黒女と思われている。高校時代所属していたアーティスティックな部活動も人間関係の問題で1年でやめてしまった

→次回要深堀り

 

・趣味が金稼ぎしかない。家に札束を飾ってるらしい。貯金100万以上。。。世界が違う

 

・新宿マンションの家賃払ってくれてるきもいおっさんIT社長が、家賃おごってるのをいいことに頻繁に部屋に侵入してきて、1時間に1回の頻度でチューをおねだりされる。それがストレスすぎて全然家帰ってない。笑

→悍ましさの塊。。。やはり金より先にモテを解決すべきだな。

 

 

 

「そろそろさっきのとこ向かう!一緒にゆっくり歩いてこ?」

と打診され、まったりと待ち合わせ場所へ向かい並行トーク

 

ここでやっとこれから会いに行く男の正体が発覚。

その男は勤めてるキャバクラの店長。(もちろんバレたらやばいやつ)

そして待ち合わせ場所は某有名ホテル。

 

 まさかの店長との直ホアポ!!!

 

だからあんな変な場所向かってたのか。店長凄腕だな笑

 

 

奢られ子は、酔っているからなのか?

やけに距離感が近い。あえてこっちから距離をとってみる。

すると道中、奢られ子から妙なオファー。

 

 

「腕組んで歩いてもいいですか....?」

 

 

 

 

 

 ????????

 

 

 

「なんでや笑」

反射的に雑に断るw

 

 

歩いてる道がスカウトうじゃうじゃいるような道だったから、厄介な知り合いでもいるのか?とかも考えたがそういう訳でもないようだ。何これ?

 

「え....?人生で初めて振られた。。。。ショック。。」

ガチで凹み出したぞ。何これ?

 

「私嫌われてます?何がダメだったのか教えてください。顔?性格?今後の参考にしたいんで....」

 

いやそれ敗北が確定したナンパ師がやりがちなやつ!!!

俺もたまにやるやつ!ちょっと親近感湧くわ笑

 

 

いつの間にか完全に主導権を掌握していた。

"引き"の力をまた思い知らされた。

特に奢られ子みたいなルックルの良いキャバ嬢は普段から褒め媚び倒されてるだろうから、より有効だったのかなと。

 

 

完全に刺せた感触を感じた。

 

 

放流するギリギリまでLINE打診を焦らした。

あわよくば向こうから打診してこないかな?と思っていたが突き放しすぎたか。

さすがに向こうからは打診してこなかったので仕方なくこちらから打診。

「ID検索できる?俺打ち込むわ。ID早打ち検定1級持ってるし」

そして自分で「イケメンですね!!!」と打ち込むきゃりーさんのルーティン。

最後に強烈なインパクト残せるしファーストメッセージもルーティン化できるのでお気に入り。

 

 

 

去り際。

 

「今日は話しかけてくれてありがとうございました!〜〜〜〜〜〜〜で楽しかったです。今度飲み連れてってくださいね !!」

 

奢られ子から学ぶことは多い。

別れ際にこんなに長々と丁寧に気持ちを伝えてくれる女の子は初めて見た。

最後の印象がどれだけ大事かを彼女は知っているのだろう。終わりよければ全てなんちゃら。

 

(...どこまでが本心だ?)と冷めきった心でしかそれを受け取れない自分に少し嫌気が差した。

 

「急に他人行儀だな笑 まあ今日は楽しんでな!ありがとう^^」

 

 

放流。

 

帰り道、返信が来た。

 

 

 

素直に嬉しかった。

 

 

 

 

 

 

そして今日ついに!

 

LINEメンテ死ぬほど下手くそだったけど、

 

・即アポ打診

・加点を狙いに行こうとせず減点をされない無難な立ち回り。スモールベースボール

・「来週は○、△、◇のうち、どれか1つなら空けられるよ」と日程の選択肢を減らさずに"どれか1つ"と挟むことでアポ成約率を維持しながらも、暇人感・非モテ感を中和できるチバさんのルーティーン

 

この3点セット意識したらちょっとはマシになった気がする。

先人たちの知恵に感謝。

 

 

果たして自分はこのレベルの女の子を準即できるのか?

そもそもドタキャンされずにアポレルのか???(これが一番心配w)

 

気を引き締めていきます!

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました!