GEYSER大学生

Fラン大学生が、女と金を「geyser=噴出」させる話。

【初準即】今まで出会った中で一番のハイスペックFカップ美女をナンパ

f:id:geyser-chris:20171013102725j:plain

 

台風の影響で明日学校が休講となり浮かれている、ガイザーです。 

先日、僕のこれまでの人生で関わることのできた女性の中で

 

 

No.1の美女と言ってしまいたいけども本当にNo.1なのかと追及されたら困っちゃうがしかし紛れもなく5本の指に入るであろう本物の美女

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤッてしまいましたw

 

 

 

ナンパを始める前の僕だったらきっと

オドオドして、まともに目を見て話すこともままならない

ようなレベルの美女です。

 

いや、そもそも出会う機会がありませんw

 

 

もしあの時

声をかけていなかったら

 

チ○コが痺れることもなければ

Fカップに顔を埋めることもなく、

 

 

出会えてすらいなかった

 

 

と考えると感慨深いです。

ゾッとします。

ああ、あの時

勇気を振り絞って声かけてよかったな。

素直にそう思います!

 

 

あの時っていつだよw

 

 

って声が聞こえた気がしたので

あの時について回想したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

この日も、ただナンパをするためだけに

池袋に降り立った。

 

ここだけの話、

今の住居から池袋まで

約1時間30分かかる。

交通費も

往復1000円とバカにならない。

生半可な気持ちではやっていられん。

気を引き締める。

 

この日は天気が良かったので

改札を出て、地上を目指し駅構内を歩く。

 

すると目の前を、

可愛いオーラ全開で細身の女の子が颯爽と歩いていることに気づく。

顔は確認できていないが駅構内で明らかに一人だけ浮いている。

正直な話、声かけするかどうか迷いが生じた。

日和った。

 

(今日は地上で声かけするつもりだしな〜。ここまだ駅構内じゃん。)

 

 

でも歩くスピードを早め、

なんとか体だけでも声かけモードへと動かす。

 

 

 

 

 

気付けば声をかけていた。

 

 

 

 

めちゃめちゃ可愛い。

橋本真帆によく似た顔だ。(以下、マホト)

f:id:geyser-chris:20171013102725j:plain

特にこの写真そっくり。

 

 

反応は上々だ。

マホトの予期せぬプットにも

頭をフル回転させなんとか対応して連れ出しオファー。

 

10分後に待ち合わせがあると断られる。

彼氏ではない男とサシ飲みとのこと。

 

「本当は彼氏でしょ?あ、違うの?友達以上恋人未満的な?w」

 

とかテキトーに茶化しつつ

なんとかLゲ。

 

でもどうせこれも死番になるだろう。

アポには繋がらないだろうと思っていた。

マホトでLゲ22人目だったが

これまでの21人は

 

全員死番となっていたからだ。

 

ストリートナンパでLINEをゲットしてから

どのようなメッセージを送ればいいのか

アポまでどう漕ぎ着ければいいのか

さっぱり分かっていなかった。

 

Lゲしても

アプローチ時に食い付きをきちんと作っておかなければ

そもそも返信がない。

結局はアプローチ次第なのだろう。

アプローチでめちゃめちゃ食いつかせることができれば

極論どんなLINEをしてもアポれるはずだ。

 

マホトをそのレベルまで食いつかせることができたのか?

自信はなかった。

ダメ元ながらもLINEでアポを取りに行く。

今改めて見返してみると

めちゃくちゃな理由で打診してますねw

声かけ時に食い付きを作れていたのでしょう。

f:id:geyser-chris:20171014113249j:plain

 

 

 

 

 

 

ベッドの上で飛び跳ねました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アポ当日。

 

やきとりセンターへ向かう。

f:id:geyser-chris:20171016082936j:plain

 

なぜやきとりセンターなのか?

 

単純に自分が行ってみたかっただけですw

ピーマンの肉詰め的なやつが最高に美味しかったのでぜひみなさんにも食べてみてほしいです。

 

そしてそして

 

やきとりセンター ⇨ コンビニ ⇨ ホテル

 

導線が完璧

この導線がアポでの店選びで非常に重要ですよね。

 

 

というわけで

 

 

やきとりセンターin  with マホト

 

 

 

 

恋愛トークへ入ると衝撃の事実が判明。

なんとマホトには

 

 

 

4年も付き合っている彼氏がいる

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚を前提に同棲中ww

 

 

 

 

 

いや絶対無理やんw

しんどすぎw

彼氏持ちってどうやって落とすの?

てかなんでナンパ師についてきたんだよw

 

 

ん?

 

 

ここであることに気付いてしまった。

彼氏と同棲中にも関わらずナンパに応じてくれて、

なおかつアポを取ることができたということは

 

それなりに彼氏に対しての不満や悩み、闇を抱えていてニーズがあったということである。

 

希望はある。

 

恋愛トークを進めていくと

やはり彼氏の愚痴が出てきた。

最近かまってちゃんで、束縛が徐々にエスカレートしているようだ。

深堀る。

もっと引き出したい。

 

 

 

彼氏持ちの女の子の愚痴を引き出すには

とにかく彼氏のことを褒めまくる!

 

これは結構有名でよく聞く話だと思うが、

なぜ褒めまくればいいのか?

というところまで掘り下げて考えている人はそう多くないのではないか。

 

彼氏持ちと接する時に

一番やってはいけないことが

彼氏に対抗心を持ち、張り合い、

批判したり悪口を言ったりすることである。

愚痴を引き出そうと必死に、

「彼氏ださくね?俺ならそんなことしないけどな〜。」

なんて言っても逆効果だ。

 

彼氏の悪い部分に言及された女の子は、同極の磁石のように反発して彼氏の良い部分を探し始めるからである。

 

彼氏を悪く言うということは、間接的にその男をパートナーとして選んだ女を悪く言っているのと同義である。

彼氏をディスればディスるほど女の子は自分を正当化するために

「私の彼氏はそんな人じゃない!」

と彼氏の良い部分を探し

結果的に女の子の中で彼氏の評価が高まってしまう。

 

だからその逆をやればいいだけ。

彼氏持ちの女の子を落としたい時は、徹底的に彼氏を褒めよう。

 

 

 

 

ということで

マホトの彼氏を褒めまくる。

彼氏の愚痴とともに

「結婚する前に遊びたい願望があるんだけど、罪悪感がある」

というプットを引き出せた。

ここぞとばかりに自分の価値観を提示する。

 

「ラーメンを一度も食べたことない人間が、いきなり食べログ1位のラーメンを食べてもそれが本当に1位なのかは分からない。比較対象が必要。いろいろなラーメンを食べてみて初めて、やっぱりあれが1位だったわ!と自信を持って言えると思うし、もしかしたらもっと美味しいラーメンに巡り会えるかもしれない。」

「恋愛も同じようなもので、この人が1番!って胸を張って言えないような状態で結婚してもいつか不倫に走り破綻する。だから今のうちに色々な人を知っておくのはすごく重要な事だと思う。」

 

これがぶっ刺さった。

たまたまマホトがラーメン好きだったので

ラーメンで比喩表現してみただけですが笑

 

なんにも考えてないただのおちゃらけ大学生(童貞

という設定で話していたので

ソレとのギャップに感嘆していた。

トイレに立ち、

戻ってくる際に距離を縮めて座ってみる。

嫌悪感を出すどころかマホトから寄りかかってきた。

「本当は童貞じゃないでしょ?」

としつこく尋問してくる。

仕上がりを確信した瞬間だった。

 

 

 

やきとりセンターを出て、

ハンドテスト。

余裕でクリア。

 

いつものようにアイスを買いにコンビニへ。

 

しかしまあまあ寒かった事もあり

マホトはあんまりアイスを食べたくなさそうでテンションダウン笑

こういう時に強いのが、パピコ

f:id:geyser-chris:20171022150322p:plain

 

「じゃあシェアパピコしようぜ!昔懐かしくね?ちょっと久々にやってみたいっしょ?w」

「確かに懐かしいw最近パピコ全然食べてなかった!」

 

とテンションを取り戻す。

もはやアイスクリームルーティンとよりは

シェアパピコルーティンとして僕は使ってますw

パピコは通常のアイスと比べて溶けにくいので多少グダられても美味しく頂けるのがまた嬉しいところです笑

 

 

「ここら辺にシェアパピコ専門スペースあるんだよね。知ってる?」

 

 

 

 

 

 

ノーグダでホテルin

 

 

 

 

 

ホテルに入ってからもがっつかず、

歯を磨いたり携帯いじったりと余裕を見せる。

「引き」を行う。

まあ単純にTwitterのTLが19時間前だったので、さすがに時代に追いつけてなさすぎw

って焦ってTwitterしてただけなんですが笑

 

するとこれが効果抜群の焦らしとなったのでしょう。

向こうからヤラシイ雰囲気を作り出してきた。

清々しいぐらいのノーグダで

 

精子を放流w

 

 

普通に細い体のくせして、

なんとFカップ

これまた余裕で記録更新。すごかったです笑

さりげなくパ○パンだったことには少し驚きました(彼氏の性癖らしい)。

そして何よりも嬉しかったことは

カップルみたいな密着型SEXができたことw

今まで即ってきた女の子とは

なんか距離感があるというか、

心の通っていない虚しいSEXに近いものを感じていました。

しかしマホトとは、

心の通った愛のあるSEXができたような気がしました。(勝手にそう思ってるだけw)

 

これはその後のピロートークで話してくれたことなのだが

マホトは現在、彼氏とセックスレスになっているようだ。

彼氏からはガンガンお誘いを受けるのだが

なぜだかマホトは乗り気にならずに断ってしまうとのこと。

4年も付き合っていたらマンネリ化するのも無理はない。

 

 

やはり予想通り、闇があった。

 

 

できればこの闇を居酒屋で深堀りたかったなあ。

まだまだですね。

 

 

 

彼氏からのSEX要望は断り続けているのに、どこの誰かも分からないナンパ師とはSEXしてしまった

という異様なシチュエーションの渦中にいる自分に気づき

さすがのマホトも笑わざるを得なかったようですw

 

 

 

本当に性格も良いし顔も良いしスタイルも良いという

びっくりするぐらい自分と釣り合っていなくて

非の打ち所がないような女の子を

準即とはいえナンパでGETすることができたのは

大きな自信になったし、ナンパのモチベーションアップにも繋がりました。

実際に美女をナンパで抱けた。

大きすぎる成功体験です。

 

もちろんこれからもマホトとは関係をキープしていきたいという

淡い期待を抱いているわけですが

マホトは現在、東北の方に2週間に及ぶ出張に出ており

 

「今までいなかったポジションの男の子で一緒にいて楽しかった!今度〇〇っていうバー行こ!出張から東京に帰ってきたらまたLINEするね!」

と言ってくれはしましたが

実際にLINEがくるかどうかは怪しいところです。

期待はしてませんw

2週間も経っちゃうと冷めちゃいますよね。

事実僕自身がもう冷めてます笑

関係が終わったら終わったで、

 

 

またストリートナンパで更なる美女をGETするだけ! 

 

 

まあキープ化できてもナンパするんですけどねw

 

 

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【3即目】元キャバ嬢で怪しいJKリフレ勤務中の19歳を・・・

f:id:geyser-chris:20171003203850j:plain

ストリートナンパを始めてからもう35日が経っていた。

振り返ればこの1ヶ月間

ナンパしかしていなかった。

今は街に出るのが楽しくて楽しくて仕方がない。

気付けば9月は終わっていて10月1日。

いつものように、僕は池袋に出ていた。

 

 

 

この日声かけ21人目。

 

明るい茶髪で全身を黒でまとめた若そうな女の子だ。

オープンさせ、どこに向かっているのか尋ねると

勤務中にも関わらず

すでにチェックインしてあるホテルに向かっているらしい。

 

ガ「サボりってことでいい?w」

女「いやそんなんじゃないww お客さん全然来なくて指名も入らないから、ホテルで待機しとけって言われたの」

ガ「指名????」

 

 

 

 

 

 

 

どうやらこの女の子、JKリフレで働いているようだ。

(以下、リフ女)

 

しかもわざわざ大阪から出稼ぎに東京まできたらしい。

よほどの金欠なんだろう。

 

「めちゃめちゃ暇」

というプットがリフ女から出たので

キャッチにわざと捕まり

居酒屋に連れ出し。

 

店内に入ってからは

アプローチ中に出てきたネタを使って

メニュー共有しながら場を温める。

 

ある程度温まってきたと判断したので

恋愛トークに突入。

この間5分ぐらいだろうか。

 

連れ出し後は、なるべく早い段階で恋愛トークに入ることを徹底している。

 

 

 

恋愛トーク

もっとも女性の価値観を反映していて、

喜怒哀楽が全て詰まっているからだ。

 

 

 

 

すると、

今現在彼氏はいないが

 

・束縛が激しい男を引き寄せる不思議なパワーを持っている

・元彼の何人かは、束縛がエスカレートしてDV男になってしまった。

・束縛どころか家に監禁されていた。

 

闇の深そ〜うな話が出てきたので深堀りに深掘る。

 

この時、

束縛に関する自分の価値観を中途半端に喋ってしまったが

これは1ミリも必要なかったと反省。。

 

話すんだったらきっちりと話して、

相手よりも少し上の視座を持っていることを示さなければいけなかった。

 

さらに、

「ホストに結構貢いでしまうタイプ」

というプットがあったのにも関わらず

これをなぜか浅くしか掘らずに流してしまう。。

ここはもっと深堀りするべきだった。

 

もっと言うと、

恋愛トークが一段落した後

仕事(JKリフレ)の話になり

・大阪ではキャバ嬢をやっていたこ

・お客さんに30万借金してしまい、東京に出稼ぎにきたこ

・東京のリフレで店側からひどい扱いを受けたこ

などが出てきたのだが、

夜系の仕事の話が全く分からないことを言い訳に、

話をただ聞くことしかせず

深くまでは掘り下げることができなかった。

知識がないならないなりに、

「でもやっぱり大変でしょ。どんな部分が一番しんどい?」

みたいな感じで

生徒的立場で深堀りする能力が欠落していることを実感した。

 

知識がないと深掘りできない

 

となってしまうと

世の中のほとんどの話題で深掘りできないことになってしまうので

これは早急に改善することが求められる。

 

 

 

 

これらのミスのせいもあってか(てかこんなんでよく即れたなw)

リフ女からなかなか食い付きサインが出てこない。

ただ、ボディタッチは徐々に増やしていっても

嫌がる素振りは全くない。

これは夜系の仕事をしているのだから

冷静に考えると当たり前で

食い付きアリと見做すことはできない。

しかし戦闘中の自分はそんなことを考えられる余裕もなく

ただひたすら

相手の様子を伺う状態が続いてしまい

居酒屋でダラダラと1時間半以上喋ってしまう。

 

(さすがに切り上げなきゃまずい)

 

食い付きサインを感じ取ることなく

居酒屋を後へ。

 

とりあえずハンドテスト。

自然に手を繋げた。

食い付きサインがなかったとはいえ

ボディタッチを拒否る姿勢もなかったため

驚くことはなかった。

 

ハンドテストいけたら

次はもちろん、、、

 

 

 

 

 

アイスクリームルーティン

 

 

ですねw

 

いける確証は1ミリもなかったが

(とりあえずやってみるか!)

という軽い気持ちで

クーリッシュ購入w

 

ガ「よし、クーリッシュ食える場所行くか。」

女「え、どこ?」

 

 

 

(んー、ホテル行きたいけど俺死ぬほど金欠なんだよなあ。)

 

(どうしよ。。。)

 

 

 

 

 

 

(あ、リフ女が泊まってるホテルにヨネスケでいいじゃん!!)

 

 

 

 

 

天才的発想ですね。 

 

 

 

 

 

 

ガ「リフ女のホテル行こ。こっから近いんでしょ?」

女「まあ近いけど。。。」

 

 

想像以上に近くて徒歩3分ぐらいでホテル前到着。

 

入ろうとするも

 

猛烈にグダられる。

 

 

1即目、2即目と同様に

また形式グダかと思ったが

どうやらそうではない。

 

 

 

(いやこれ何グダなの?)

 

 

 

 

グダの理由が全く見えてこない。

 

ホテル前での格闘の末

 

「トイレ行きたい。コンビニいこ!」

 

とリフ女が僕の手を

男並みの力で引っ張る。

 

とりあえずシーン変化させて

場を温め直したい気持ちもあったので

感謝しながら近くのサンクスに入る。

 

リフ女はトイレを済ますと、

 

「トイレ借りて何も買わずに帰るのは申し訳ないやん。」

 

と言って

 

 

 

 

 

 

 

梅昆布を購入していた。

f:id:geyser-chris:20171004102501j:plain

 

 

 

 

(いや渋すぎだろwww)

 

 

 

サンクスを後にし、

たまたま通りかかった

快活CLUB池袋東口駅前店を打診する。

 

ガ「快活CLUB行ったことある?」

女「ないかも〜。」

ガ「ここさ、ソフトクリーム食べ放題でめちゃめちゃうまいんだよ。何なら今俺が左手に持ってるクーリッシュの100倍うまいからw」

女「ww」

ガ「いこーぜ」

 

 

あっさり通ってしまう。

 

 

 

(さっきまでのグダは何だったんだ???)

 

 

 

 

と思いつつも受付へ。

 

 

 

 

 

 

「当店にはペア席はございません。」

 

 

 

 

 

!!!!!!???????

 

 

 

 

店員さんから衝撃のカミングアウトが。

 

ペア席のないネットカフェなんて考えられん。。

 

池袋でナンパしている方は要注意ですw

 

 

ちなみに池袋サンシャイン60通り店には

ちゃんとペアシートがあるようです。

池袋東口駅前店

から歩いて5分ぐらいでいけて、

快活CLUB特有の壁の低さもないようなので

今度使ってみようかな。

 

 

とにかく、ペア席のないネカフェに用はない。

すぐに快活を出て

 

 

再度ヨネスケ打診。

 

 

すると

 

女「1名で部屋取っちゃってるから無理に決まってるじゃん。」

ガ「じゃあ最初からそうやって言えやw」

女「言わなくても普通わかるでしょw」

 

とホテル前でのグダの理由をディスられながらも聞き出せました。笑

 

 

 

ガ「じゃ、違うホテル行くか!」

 

 

 

ラブホin

 

 

 

 

いやあここまで長かった笑

段取り悪すぎだろって話ですよねw

特に快活の件が本当にいらなさすぎた笑

 

 

まあでも

ホテルに入れたので

あとはスムーズにいけるだろう。

 

 

チェックインを済まして部屋に入る。

安い割にはまあまあ広い部屋だ。

一通り探索を終えると

リフ女は椅子に座り込んで

携帯をいじり始めた。

まあすぐ終わるだろうと思い

自分もTwitterを開く。

 

 

 

 

5分経過。

リフ女、まだいじってる。

 

 

 

 

10分経過。

リフ女、休むことなく携帯と睨み合っている。

 

 

 

 

 

 

 

20分経過。

ガイザー、13時間前から見れていなかったTwitterのタイムライン全て読み切る笑

 

リフ女、時が経てば経つほど手の動きが早くなっている。。

 

 

 

 

携帯依存症グダ。

 

 

 

これはやばい。

 

 

まだチェックアウトまで10時間あるが、

こいつはこのまま10時間フルタイムで携帯をいじり続けるだろう。

 

常に3つのバッテリー型携帯充電器を持ち運んでいることが

それを裏付ける。

f:id:geyser-chris:20171004150817j:plain

痺れを切らして

一体20分間も手を休めずに

何をしているのか覗いてみると

 

 

やはりLINEだ。

 

 

ん?

 

 

 

 

58件ものトークがずらーっと溜まっている。

 

 

 

 

そして一人一人真剣に考えて返信。

どうやら返信相手のほとんどが

 

 

JKリフレのお客さん

 

 

のようだ。

 

 

 

ギラつくタイミングが掴めなさすぎる。

女友達とのLINEとかなら容赦なく邪魔できるけど

お客さんとのLINEを邪魔するのは気が引ける。。

 

 

(俺びっくりするぐらい弱気やんけwなんとかしないと!)

 

 

 

急遽

 

動画を一緒に見ることでベッドに誘き寄せる作戦

 

を決行することに。

 

「動画ルーティン」

 

とでも言っておきます。

 

急いで食いつかれそうな動画をTwitterで探しまくる笑

この時思ったのが、

 

(予め何本か動画をストックしておくのも全然ありだな。)

 

ってこと。

 

いつかストックしたいと思います。(絶対しないやつw)

 

今回使用したのは、

GACKT様のテキーラ一気動画。

これ僕が真似したら間違いなく死にます。

 

 

この作戦が見事に決まり、

 

ベッドに強引に押し倒す。

 

 

 

 

 

ノーグダ。

 

 

 

 

前戯開始。

 

 

リフ女は

チューする度にクスクス笑うので

 

(俺ってもしかして下手くそすぎ???)

 

と自信を喪失しかけましたよねw

 

しかしいざ本番が始まると

さっきまでのクスクスは風のように消え

 

真剣な顔つきに。

 

このギャップはもうたまらなかったです笑

そして何よりも

 

 

おっぱい綺麗すぎ。。。。

 

 

美しいお椀型で

Dカップなのに重力に逆らいまくってて

乳輪死ぬほど小さかったです。。

小さすぎて軽く逝きかけました。

 

まさか3即目で

こんなにも美乳な女の子と

ヤレるとは思ってもいなかった。

 

ストリートナンパ夢しかないな。

 

今回は反省点が山ほど見つかったので

一つ一つしっかりと改善していき、

更なる美乳を追い求めて

今日もまたストに出ます!

 

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストリートナンパ2即目!専門学生『気持ち悪いけど吐けない』⇨介抱即

f:id:geyser-chris:20170927144629g:plain

 

もう帰ろうかと思っていた。

 

ストリートナンパ出撃23日目。

この日は池袋駅

いつものように見知らぬ女に声をかけまくっていた。

僕は声をかけた回数をきっちりと記録しておくタイプだ。

今まで何人に声をかけた。

という記録は、

俺は今までこんなにも多くの女性に声をかけてきた。

という自信につながり

段々と少ない声かけ数でLINEゲットや連れ出しをできるようになっているのを

データで確認できることで

成長を実感しやすくなり、モチベーションを維持できるからだ。

そして、成果が出なくて帰りたくなった時にも

今日はあと4人声かけたら声かけ数30だから、

それまでは頑張ろう!

というラストスパートニュアンスを生み出せる。

f:id:geyser-chris:20170927150937j:plain

ナンパ人生2回目の即は、ここから生まれた。

この日16人に声かけするも連れ出し0。

大学に1限から5限まで長時間拘束されていた疲れもあり

 

(もう帰るか。。。)

 

と心の中でつぶやく。

しかし終電までまだ2時間以上あったため

 

(20声かけまであと4人か。 あと4人だけ声かけて帰ろう!)

 

気持ちを切り替える。

 

ラストスパートだ。

 

 

ちょうど目の前を

携帯をいじりながら超スローペースで歩いている女子

が通り過ぎる。

 

 

迷わず声かけ。

 

オープナーでの

笑い反応は、まずまずといったところ。

しかしオファーするには全然足りない。

とりあえず並行トークを続ける。

 

ガ「え、てかこれどこ向かってんの?」

女「....待ち合わせ。」(変な間)

ガ「あー俺と?ごめんごめん、お待たせ!」

女「いや違うww友達とw」

ガ「友達と?あ、女子会的な?彼氏の愚痴めちゃめちゃ言いまくる的な?」

女「そうそうw」

ガ「腹黒w何人ぐらいでやんの?20人ぐらい?」

女「そんな多くないw」

ガ「そんな多くねーか笑 3人とか?」

女「......わかんない」(またもや変な間)

ガ「わかんない?!え、本当は友達いないっしょ。」

女「いるからww」

ガ「あーそう。でもその女子会2時間後でしょ?そこのマックで、マックシェイクだけ飲みにいこーよ。1杯だけ。」

女「行きません。」

ガ「いや10分10分。そんな切羽詰まってないっしょ?」

女「詰まってるからw」

ガ「詰まってるの?本当は何分後なの?女子会。」

女「え?んー。。。3分3分。」(怪しすぎw)

 

マックシェイクのオファーは断られたものの

アンダーラインを引いた部分に違和感を感じ、

「これから女子会がある。」

というプットは、

だと判断。

 

この後も並行トークを1分ぐらい続け

良いタイミングで通りかかった居酒屋に

結構強引にオファーw

これは

十分な笑い反応を得れた。

というのと

女子会は嘘で、暇人だろう。

という2つの根拠があったからです。

 

 

結果、まんざらでもない感じでオファーが通り、

居酒屋へ連れ出し成功。

 

後から聞いた話、やっぱり女子会は嘘でした。

 

ちなみに連れ出した店は

 

小林農場 池袋東口店

f:id:geyser-chris:20170927171426j:plain

店内はこんな感じで

飲み放題しか選択肢がないものの、

お酒がセルフサービスで作れるといったお店でした。

僕はこういう形式の居酒屋に来たのは初めてで、

めちゃめちゃ興奮してはしゃいでました!w

すごい楽しかったです。

普通にまた来たいなと思いました。オススメです。

 

 

店内に入ってからは、

まずドリンクを作りに行きめちゃめちゃ盛り上がり、

1人1品オーダー制だったのでメニュー共有しつつ注文。

その後、女子の方からいきなり

「てか暇人なの?」

「ナンパする人ってメンタルすごいよね」

「その歳でなんでナンパしてるの?」

と尋問の嵐。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ絶対即れるやんけ!!!(いや判断早すぎww)

 

 

 

 

と湧き上がる謎の自信を必死に抑えw

尋問は全部受け流し、

恋愛トークへ持っていく。

 

話を聞くところ、

 

彼氏とは半年前に別れた。

でもその元カレには実はもう一人の彼女がいた。

しかもその元カレにとってこの女の子はただの都合のいいセフレという認識だった。

この女の子が一方的に付き合っていると思い込んでいただけであった。

 

この痛みにしっかりと寄り添いつつも

 

「てかそれ、もはや元カレとも呼べなくね?」

 

と突っ込んでみる。

当たり障りのない話は誰でもできる。

当たり障りのある話をしなくてはならない。

すると過去にも同じような体験を2度もしていたというからびっくりだ。

 

 

 

話が一段落すると

「そっちは彼女いないの?」

と聞いてきたので

 

安定の童貞ネタで返す。笑

 

これは本当に最強な気がする。

しかし、しつこく本当のことを聞き出そうとしてきたので

 

食い付きサインだと判断。

 

更にこの後

「ちゃんと常識がある人が好き。『ありがとう』がちゃんと言える人。

という話になり、

ガ「俺じゃん。笑 俺が一番好きな言葉は『ありがとう』だからねw」

女「絶対嘘wwでも確かにさっき、店員さんにはちゃんと『ありがとうございます』って言ってたよね」

ガ「そうだっけ」

女「言ってた言ってた。そういうところは意外としっかりしてるんだなあ。って思ったもん。店員さんに『ありがとう』が言える人が良いってのは女の子みんなが言ってることだと思う!」

とお褒めの言葉をいただき

仕上がりを確信しました!

まあそれと同時にちょっと照れましたよねw

 

 

TAVの岡田さんが

「第三者との接点は誠実にしろ」

と口酸っぱく言っていたおかげで

店員さんに「ありがとうございます」と感謝する習慣を作れたのですが

これ、小さいことのようでとても大きな効果を感じています。

 

 

ずっと我慢していた小便をトイレで放流し、

農場を出る。

 

すぐさまハンドテスト。

抵抗感0。

 

女「童貞のくせにこういうことするんだ〜」

ガ「童貞だからこそだよね。アイス食いたい。コンビニいこ。」(歩き出す)

女「いやコンビニこっちだよw」

 

相変わらずの方向音痴ぶりを発揮してしまうも、

アイスクリームルーティンを正しい利用方法で試みることに成功。

前回はとんでもないタイミングで使ってしまったのでw ↓

geyser.hateblo.jp

 

前回同様クーリッシュを買おうとしたら、

「シェアパピコしようよ〜」

とシェアパピコグダが出てうるさいので仕方なくパピコを購入w

 

ガ「じゃあシェアパピコできる場所行くか。」

女「え、ここで食べれば良いじゃん笑」

ガ「いやいや、シェアパピコ専門ブースいかないと」

 

と言いながら必死にGoogleMAPでホテルを検索w

しかし池袋は至る所にラブホがあって良いですね。

2分くらいでラブホ到着。

 

ガ「着いたよ。」

女「いやここラブホじゃん!」

ガ「いやシェアパピコ専門ブースだって。パピコ食うだけだからいこーぜ。」

女「絶対嘘だ〜〜」

 

と言いつつも

 

 

 

 

すんなりラブホin

 

 

 

とりあえずキス。

グダはなし。

 

(余裕すぎんだろwここまでグダないことってあるんだな〜。)

 とか色々にやけながら考えていたら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子が急に 

「気持ち悪い..........お酒飲みすぎた........」

ってのを、ひたすら呪文のように4回ぐらい唱え始めましたw

 

 

 

実は僕がナンパする前に飲み会に参加していて

そこで既に5杯ぐらい飲んできていたようです。

なので農場では3杯しか飲んでいなかったのですが

合計8杯。

酒にそこまで強くなく吐き気を催した様子。

 

こういう時は大概

我慢してもどうせ後で吐くことになるということを

自身の経験から知っているので

 

「吐いた方が良いよ」

 

というメッセージを伝え続けるも

女の子は

 

「気持ち悪いけど吐きたくない」

 

の一点張り。

 

 

 

 

 

まさかのゲログダですw

 

 

まあ吐きたくない気持ちはめちゃめちゃ分かりますよね。

 

 

結局僕が優しく背中を擦りまくり、

なんとかゲロを放流させることに成功。

 

常備しているクリスタルガイザーを惜しみなく差し出し

 

一段落着いてから、

 

 

 

 

 

 

 

 

やることやって寝ましたw

 

 

 

 

 

 

 

さすがにここまでくると

グダはなかったですね。

初めて即った女の子よりも

かわいくてムチムチBodyの子だったので

2即目の方が楽しめました。

ただ、やはり感動の面では初即には勝てなかったです。

恐らく相当な美人を即らないと感動部門では上回れないのかなと。

いつか上回ってみたいです!

 

 

 

 

 

 

2即目から学んだこと、得たもの

 

 

 

 

・根拠があれば、連れ出しオファーの時から多少強引に行っても良い。(根拠があれば)

・第三者(店員とか)との接し方大事。

童貞ネタアイルクリームルーティンは強すぎるw

・うまくいけば、ほぼノーグダでいける。(ゲログダはありましたが笑)

・酒は飲ませすぎない方がいい!(女の子はペース配分苦手な人結構多い気がしますw 男が配慮してあげるべきでしたね。)

俺は即れる男だ。という根拠のある自信

小林農場最高。

 

ちなみに初めての即

から

10日が経ち

さらに152人への声かけを経ての

2即目でした。

このデータから読み取れることは、

 

3週間でたったの122人への声かけだったのが、

10日間で152人も声かけできるようになっている。

つまり1日あたりの声かけ数が増えている。

 

これは地蔵をほぼ完全に克服できたことがでかい。

 

 

 

 

え?精度は下がっている?

 

 

 

 

 

こんなの誤差の範囲ですw

 

 

 

 

 

 

しかし、150人に声かけてやっと1即って。。。

もっと精度を上げていく必要性を感じますね!

これからもバンバン活動していくので応援よろしくお願いします!!

 

 

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学生がストリートナンパで初めての即!!!

f:id:geyser-chris:20170917143514j:plain

 

ストリートナンパ出撃15日目の出来事だった。

 

外は生憎の雨模様。

 

池袋駅構内でストることに。

 

池袋駅構内といえば先日、

せっかく連れ出しオファー通ってるのにもかかわらず

方向音痴すぎて迷子になってしまい放流してしまうという

大失態を2連続でやらかし、学習能力の無さを抜群に発揮した場所です。

 

geyser.hateblo.jp

 

 

さあ、1人目に声かけ!

 

清々しいガンシカ。

 

1日の最初の声かけは大体ビビって声が小さくなっちゃいます。

そして第一声の声量が小さいときのガンシカ率は90%超えますね。

 

ナンパの第一声は、堂々とデカイ声で。

 

こんなもん基本中の基本で誰もが知ってることだと思いますが

いざ実践できているかというと

僕は実践できていないことがまだ多いです。

特に最初の3声かけぐらい。

僕の場合その理由は明白で

 

(尋常じゃないほど他人の視線を気にしてしまう)

 

これの対処法として、このように

自分への戒めを文字に起こし

ビビって地蔵したら見返してます。

この後、

まあまあの声量で声かけできて

オープンはさせるものの

なかなか連れ出せずにいました。

声かけ15で連れ出し0。

結構メンタルきててもう帰ろうかと本気で悩みましたw

ですが終電まで後30分あったため

それまでは頑張ろうと気持ちを切り替え

この日16人目に声かけ。イヤホン女子でした。

またまたお得意のお経オープナーです。笑

 

ガ「すいません!ちょっといいすか?」

女「.......(ガンシカ)」

ガ「何聞いてるのかなあ〜って思って。お経?」

女「え、違いますww」

ガ「あ、違う?よかったあ〜変な人じゃなくて。お経だったらどうしようかと思って。」

女「www」

ガ「さすがに笑いすぎでしょw」(めっちゃ笑ってくれてた)

女「だってオモシロイw 何歳?年下っぽい!」

 

良い感じ!この後1分ぐらい並行トークしてから

 

ガ「今日はもう帰るの?」

女「さっきまで新宿で呑んでたけど飲み足りなくて、これから友達と飲み直そっかなって」

ガ「あーそう。何時間後?2時間後ぐらい?笑」

女「いやまだ決まってないんだよねー笑」

ガ「現在進行形で決めてる感じか。」(女がLINE開いたので)

女「そうそうw現在進行形w」

ガ「じゃあそれ決まるまで、お茶しよーぜ。俺喋らされすぎて喉乾いちゃったからさ。」

女「えーー。別に喋らせてないしw」

ガ「いやいや喋らされまくりで喉からっから。てかそんなに切羽詰まってないっしょ?」

女「詰まってはないw」

ガ「じゃあいいじゃん。1杯だけ。」

女「んー1杯だけね!」

 

 

連れ出し成功!!!

 

 

 

西口から地上に上がる。

雨が結構強かったので

歩きすぎるとテンションが下がるのではないかと思い

すぐそこに見えたマックに連れ出し。

 

 

この写真を見るとわかるように

僕は健康志向のためサラダと水を頼んでいます。

どうでもいいですね。

 

この女の子、大学4年生で就活めっちゃ頑張ってたのに

前期で必修科目を落としてしまい結果的に2単位だけ足りず

留年が確定してしまったようです。

 

絶望のどん底系女子ですね。笑

 

留年の絶望感に共感し、思いやるスタンスを根底に見せつつ

 

ガ「一番でかい留年の要因って自分の中では何?」

女「1年生の時に17単位しか取れなかったことかなー。笑」

ガ「めっちゃアホじゃん。そこで気付いて大学やめろよ。笑」

女「うるさいww」

 

とテキトーにいじり倒すことに成功するも、

恋愛トークはいまいち盛り上がらず。

 

大学4年間で一人も彼氏がいなかったらしく

 

ガ「4年間も?なんで?あえて作んなかったの?」

女「私は〇〇学部でー(忘れたけど文系)、ずっと本読んでるだけだから男の子少ないんだよねー。だしみんな大人しいタイプ。」

ガ「全員又吉みたいな?」

女「そこまでじゃないけどww」

ガ「そこまでじゃないか。又吉嫌い?どんな人がタイプなの?」

女「オモシロイ人!そうそう、昔やってたバイト先に元芸人の人がいてー、、、」

 

みたいな感じで話逸れまくりながら30分ぐらい経ったので

ガ「そろそろ行くか。友達どうなった?」(これから飲み直し予定の人)

女「まだわかんなーい。」

ガ「まじか。じゃあ俺と飲み直す?」

女「いや帰ります。早く寝たいんで。」

ガ「あーそう。まあとりあえず出るか。」(平静を装おうもめっちゃショックw)

 

思ってたよりも冷たくあしらわれて、ビビりました。

結局トボトボと駅構内まで2人で戻ってきてしまう。

 

なんとかこの解散ムードを変えたい!

 

そう思った僕は

 

ガ「てかめっちゃアイス食いたくね?アイス買いにいこーぜ。コンビニとかで。」

 

と、ぶっこんでみました。

知る人ぞ知る、アイスクリームルーティンですね。(使いどころから使用目的まで全部違う)

これが意外にも功を奏し

一緒にコンビニへ行くことに。

コンビニではクーリッシュを購入。

f:id:geyser-chris:20170917181518j:plain

スーパーカップとかと違って

全部その場で食べ切らなくてもいいし

溶けても大丈夫だし、最悪店内に持ち込めるからです。(ポケットとかに忍ばせる)

クーリッシュを美味しそうに食べる僕を見て女の子は

女「この寒い中よく食えるね。頭おかしいの?」

とんでもない言いようですが気にしません。

確かに雨のせいでびしょ濡れで寒かったですが。笑

 

僕はコンビニに入る前に通り過ぎた鳥貴族を見逃していませんでした。

クーリッシュを食べながらすかさずオファー。

 

ガ「お、鳥貴族あんじゃん!ここで飲み直さね?クーリッシュと焼き鳥めっちゃ合うんだよね。」

女「いや帰るから。本当に帰る。」

 

びっくりするくらい頑なに拒否。真顔のガチトーンでした。

(これは無理そうだな....)

とは思ったものの、

一か八かで

腰に手を回し

引くほど強引に

ガ「いいからいこーぜ」

クーリッシュを咥えながら押してみたら

 

 

 

 

 

 

女「やだあ〜〜〜〜w」(めっちゃ笑顔で鳥貴族in)

 

 

 

 

 

(ええええええええええええええええええええええええええ!?!?!?!?)

 

 

めっちゃ嬉しそうじゃん!

さっきまでの真顔は何だったの!?!?

嘘だろ!?

これが噂の形式グダってヤツか。。。。

時には強引に押してみる大切さを学びました。

女ってムズカシイ。。。

 

 

鳥貴族では、

好きだった同じサークルの先輩に告白されたのに冷めちゃって1年間告白の返事をしてない話や

また留年の話に戻って

大学を辞めるという選択肢も考えている。という話になって

ガ「それは今まで費やしてきた3年以上の時間とお金を全てとは言わないけど無駄にすることになるじゃないの?それに大学出てるか出てないかって社会出たら全然違うよ。」

みたいな知りもしないことをテキトーに、超偉そうにそれっぽく言ってみたら

女「どっちが先輩か分からないね。笑 さすが理系。言われたこと全部納得しちゃう。」

みたいなこと言われて、お、これは食い付きのサインかな?と思ったので

ガ「いや納得しないほうがいいよ。全部テキトーに言ってるから。そろそろ行くか。」

 

鳥貴族を出て、またコンビニへ。

お酒を買い、ゆっくりできるとこで飲み直そうって流れを作る。

 

女「どこで飲み直すの?」

ガ「そこのホテルでいいっしょ。」

女「やだ!」

ガ「てかエロいこと考えてんだろ。何もしねーから。」

女「.......」

 

 

 

ホテルin

 

 

 

TAVのフレーズ完全コピーです。

あまりにも効果抜群すぎて感動しましたw

 

 

 

 

 

 

 

長すぎる形式グダ

 

 

ホテル入ってしばらく和んでから、

ギラつき開始。

後ろから抱きつく。

ここまではノーグダ。

 

(...いけるか?)

 

ガ「ピアスしてる?」

女「してるよ。」

 

僕自身もピアスしてるので

ピアストークで盛り上がりつつ

耳を触りまくる。

 

沈黙を作り、耳にキス。

ノーグダ。

 

首にキス。

ノーグダ。

 

おっぱい触る。

グダ。拒否られる。

咄嗟に何カップか聞いてごまかす。

 

再び触る。

やはり拒否られる。

 

女「何もしないって言ったじゃん。」

ガ「何もしてないじゃん。」

女「しまくりでしょw」

 

みたいにテキトーに流し、強引に乳首触る。

喘ぎ始めたので、ベッドに押し倒す。

 

チューしようとするも拒否。

女「もう寝よ?」

ガ「寝てんじゃん」

女「何もしないって言ったじゃん。」

ガ「だから何もしてねーじゃん。」

 

とにかく真に受けない。

鳥貴族の前での華麗な形式グダを見た僕は

それだけに徹底した。

いちいち真に受けていたら、負ける。キリがない。

 

女「もう寝たい」

ガ「わかるわかる」

女「寝よ?」

ガ「わかるわかる」

 

 

こんな会話を30分ぐらいずっーーーーーとしながらも

やっとDKまで到達。

 

ふっつうに舌絡ませてくるw

 

最後には照れ笑いしながらも、自分からパンツ脱ぎだしました。

 

さすがの僕もこれには苦笑いしかできませんでしたね。

 

 

まあこのあと、

僕は早漏なので3秒で終わったわけですが(嘘です笑)

 

人生ではじめての即。

この大きな大きな成功体験から得られたものは多いです。

 

女の形式グダというものを実際に体験できたこと。

そしてそれを真に受けず崩せたこと。

 

僕の発言力が若干上がったこと。

0即の奴が地蔵克服法なんか書いても誰も信じませんし

連れ出し後のトークについて自分の考えを語ってもどうでもいいですよね。

即ってから言えやwってなること間違いなしです。

即った経験アリ

という実績ができたのはデカイです。

履歴書に書きたいぐらいです。

これからも情報発信はバンバン続けていくつもりです!

 

そして何より、

 

根拠のない自信が、根拠のある自信へ。

 

街で知らない女に声かけて、抱く。

 

こんな話、昔の僕は信じてませんでした。

でも、都市伝説なんかじゃなかった。

自分自身がそれを証明してしまった。

 

 

ナンパ始めてよかったな!って思いました。

まだ3週間ぐらいしか経ってませんが笑

120人以上への声かけがちょっとは報われた気がしますね。

ですがこれだけで満足せず

これからも日々精進していきたいと思います。

 

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ナンパ9日目】方向音痴すぎて連れ出し未遂2回。3度目の正直でカラオケ連れ出し!

f:id:geyser-chris:20170913130204j:plain

 

お久しぶりです!

ガイザーです。

今日はストリート出撃9回目の日の出来事を書こうかと。

なぜならこの日は

 

とにかく濃厚すぎた

 

からです。笑

もう5日前の話なので

曖昧な記憶と当日の自分のツイートを頼りに書いていきます。

 

 

この日ナンパしていた場所は池袋駅構内

 

 

池袋でナンパしたのはこの日で2回目でした。

それも1回目はナンパ4日目だったので

連れ出しオファーが通るはずもなく

あえなく撃沈して帰った覚えがあります。

日常生活でも池袋には行ったことがなくて

駅構内のMAPなんて1ミリも分からない状況でした。

 

これが後に大きな不幸を誘き寄せます。

 

駅構内をとぼとぼ歩いていたイヤホン女子に声かけ。

この日8人目。

お得意の

「なに聞いてるの?」

っていうオープナーと呼ぶのも恥ずかしいやつで難なくオープン。

カフェへの連れ出しオファーもすんなりと通る!

やっぱり華麗にオープンさせれたらオファーも通りやすいですね。

この日の初連れ出しが確定した瞬間でもあり、

この日の前日、前々日もスト出てたんですが(暇人ですね笑)

2日とも連れ出し0だったので

3日間でやっとの連れ出し1。

テンション上がりまくりなガイザー・クリス。

しかしこの直後、頭が真っ白になります。

 

 

 

(カフェどこ??????)

 

 

 

 

あたり360度を2,3回はぐるりと見渡しました。

カフェらしきものは全く見当たりません。

並行トークしすぎて改札のすぐ近くまできてしまったんですね。

 

(まあテキトーに歩いてれば見つかるだろ。うん。見つかる見つかる。)

 

と甘い考えのもと、

ガ「こっち行ったらカフェあっから。」(根拠0)

女「え、あ、はい。」

ってな感じで2分ぐらい歩き回る。

歩き回る。

 

 

ない。

 

 

全く見つからない。

あれ?駅構内ってカフェないんだっけ?

という錯覚に陥るぐらいない。(実際はめっちゃあります。笑)

これは間違いなく

僕が方向音痴すぎるからです。

小学生のころ、よく迷子になって泣いてました。

 

結局カフェが見つからず、放流。

連れ出し未遂(ミスい)で終わりました。

普通に可愛くてお洒落な女子大生だったのに。。

もったいなさすぎる。

 

小学生のころから10年の時を経てなお、

まだ迷子で泣きそうになるとは思ってもいませんでした。笑

全く成長してないですねw

 

 

 

再び連れ出し未遂

 

泣きそうな気持ちをはやくリフレッシュしたい一心で

即座に別の女性に声かけw

まだナンパ9日目。

そんなにポンポンと連れ出しオファーが通るわけありません。

ガンシカをなんとか崩しオープンさせるも

連れ出しオファーは断られる。

仕方なくLINE交換に持っていく。

無事にLゲしたあと、

ダメ元で再度連れ出しオファーを試してみる。

 

ガ「じゃ、LINEも交換したし10分だけお茶いくか。」

女「えー。10分だけですよ。」

 

通った。

 

いや、通っちゃったよ。

って感じでしょうか。

 

Lゲの後に連れ出しオファーすると案外通る。

 

という噂はどうやら本当だったようです。

ぜひお試しを笑

 

さてさて、

また同じ壁にぶち当たります。

 

 

 

 

 

(カフェどこ???)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また迷子になって放流しましたw

 

 

 

 

 

 「いやいや、馬鹿なの?最初に迷子になったときに、どこにカフェがあるか確認しとけよ。なに同じ過ち2回も繰り返してるの?学習能力ないの?」

 

こう思った方もいるでしょう。

 

 

多分誰よりも僕がそう思いました。笑

 

 

ただ1つだけ言い訳させてもらうと

2連続で連れ出しオファーが通るとは夢にも思ってなかったんです。笑

声かけして断られつつ、カフェの位置を把握していこう!

というあまちゃん思考が背景にはありましたね。

 

 

2連続でやらかした僕は

さっすがに懲りて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また即座に声かけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

全然学習してないやんけw

という声はガンシカさせていただきます。笑

 

これが功を奏しました。

3度目の正直ですね。

 

 

この日一番の笑い反応と食いつきを得れて、

「お酒がいい!」と言ってきたので

居酒屋に連れ出し。

 

ガ「池袋初めてきたから案内してよ。」

女「私池袋常連だから任せて!」

 

てな感じで方向音痴グダも難なくクリア。

最初からこうしとけやw

 

 

 

人生2回目の連れ出し成功

 

 

 

さて、やっとの思いで無事に居酒屋に連れ出せました。

しかし如何せん、

 

なに話せばいいか分からない。

 

連れ出し後のトーク

今の大きな課題です。

恋愛トークに持って行くことは容易いんですが

それを深堀りするのが苦手です。

掘り方が悪いんでしょうね。

すぐに行き詰まります。

f:id:geyser-chris:20170913164405j:plain

 

表面しか掘れてない感が半端ないんですよねー。

今回の子は、

浮気経験の有無とか男友達との関係を

ひた隠しにしてる印象を持ちました。

これはこれで、

軽い女に見られたくない。

という食いつきの表れの一種なのかもしれませんが。

相手の方からボディタッチしてきたり、

「彼女いるの?」と聞いてきたり、

食いつきのサイン?

的なのは初心者なりに感じとったので

 

居酒屋を出て、カラオケ打診。

 

余裕で通りました。

やはり食い付きはあるようです。

 

しかしカラオケでも

 

なにすればいいのか謎過ぎる

 

とりあえずカラオケなんだから、歌うか。

なんとも言えない気持ちで

小さな恋の歌を熱唱しました。笑

あれ俺なにやってるんだろ。

 

なんとか雰囲気を変えるためにトイレへ逃げる。

戻ってきた勢いで隣に座り、

肩を抱いてみる。

 

抵抗ゼロ。

 

 

(これイケるやつじゃん!)

 

 

誰もがそう思う展開ではないでしょうか。

どちらにせよ、

もっとギラつきってやつを進めてみないと分かりませんよね。

 

 

ですが僕はここで

なにを思ったのでしょうか?

 

 

 

 

 

放流してしまいました。

 

 

 

 

 

ただ肩を抱いて熱唱して帰っちゃいました。

恐らく相手の頭の中はクエスチョンマークで埋め尽くされていたでしょう。

 

 

 

(なぜこんなことが起きたのか?)

 

 

これについては徹底的に考え抜きました。

まず1番大きな要因。

 

単純にびびった。

 

(ギラつくことで嫌われるんじゃないだろうか。)

拒否られるんじゃないか。)

失望されるんじゃないか。)

 

みたいな恐怖心に負けたわけですね。

 

てか、

これに尽きます。

 

これ以外に思いついた要因は

すべて自分を正当化するための言い訳だという結論に至りました。

 

 

嫌われる勇気がなかった。

 

 

それだけですね。

 

 

ただ、僕はストリートナンパでこの子と出会った。

地蔵を克服したという紛れもない事実があるから、

この失敗があるわけです。

ギラつく恐怖心なんて、

声かけ前の恐怖心に比べれば

本当にちっぽけなものです。

 

このことに気づいてしまった僕は、

 

グダも発生してないのにギラつけない

 

というショボすぎる失敗は二度と繰り返さないでしょう。

揺るがない自信があります。

 

 

これがストナン経験者の強みなのかもしれません。

 

 

 

 

ちなみに、池袋駅構内のMAPは未だに全く把握してないので

このままだと120%同じ過ちを繰り返さざるを得ないです。笑

 

 

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

声かけ初日でLINEゲット!初オープンはブルゾンちえみ激似女子w

f:id:geyser-chris:20170901101245j:plain

お待たせしました!

誰も待ってないとは思いますがw

前回↓の続きです。

geyser.hateblo.jp

前回の記事は本当にたくさんの方に見ていただけた様で、

PVがエグいことに。笑

偶然にも

8/31に一気に増えるという、

僕の小学生時代の夏休みの宿題の終わらせ方と完璧に一致しましたw

これはかなりのモチベーションアップです。

ありがとうございます!

 

前回の記事では

Twitterを通じて知り合ったYさんと合流し

指名ナンパを行い

見事地蔵からの脱出を成し遂げたところまで

書きました。

 

さて、この地蔵を抜け出した勢いに乗り

僕は2声かけ目に挑戦。

Yさんが指名してくれた女性に近づいていきます。

 

「こんばんは!」

 

辺りはもう暗かったからでしょうか。

僕も声かけるまでは全然分かりませんでしたが、この女性。

 

 

ブルゾンちえみ激似w

 

 

(やばい!逃げろ!w)

と悪魔のささやきが聞こえたのですが、

 

「...なんですか?」

 

と見事に立ち止まってくれちゃいました。

 

心の優しい僕は、

ここで逃げるのは申し訳ないと思い

 

「どこ向かってるんですか?」

と話を続けてみることに。

(これもトークの練習。良い経験だ。)

と自分に言い聞かせますw

 

「え、居酒屋です。」

「女子会?」

「そうなんです。もう友達2人が先に飲んでて、私は遅れて向かってる感じです。」

「え、遅刻ってこと?」

「まあそうですw」

「なんで?寝坊?」

「なわけないじゃないですかwwもう夜ですよw」

 

と、眩しい笑顔を拝むことができたので

「あ、違うんすかwじゃあまた!」

 

と、一気に逃走ww

 

なんとか逃げ切りました。

自分が指名した子がブルゾンちえみ風だったことに薄々気づいていたのか、

Yさんに軽く謝られたのもまた面白かったですw

 

 

つまり、

僕の長い長いナンパ人生における初めてのオープンは、

ブルゾンちえみってことになります。

 

あまり認めたくない事実ですが、

ここはナンパ師らしく

「良いネタできたわw」

という解釈でこれを背負い生きていきたいと思いますw

 

この後もYさんと指名ナンパを続けて

まだ若干ビビりながらも声かけに挑み続けます。

しかし大半がガンシカを崩せずバトルフェイズ終了。

 

そんな中での7声かけ目ぐらいでしょうか?

Yさんが指名してくれたのは、

イヤホンを装着した25歳ぐらいのお姉さん。

スト値でいうと、うーん4ぐらい?

あんまりスト値の採点基準が分かりませんが笑

てかそんなことを気にする段階でもないので

迷わず声かけ!

これまでの声かけで

ガンシカが多かったのは

 

第一声のトーンの低さ。

ターゲットとの距離感。

 

ここらへんにありそうだな〜と

超初心者なりに考え、

 

認識されやすいように

これまでより前に出て、

威勢良さげに、

 

「こんばんは!1個だけ良いですか?」

 

と声かけ。

そしてイヤホンとって!と

言わんばかりの激しいジェスチャーを繰り出す。

「なんですか?」

とイヤホン解除してくれたお姉さん!

すかさず僕は

「何聞いてるんですか?お経?」

「いやいや。」(真顔)

「あ、違う?いや音漏れ半端ないですよ。」

「え?」(微かな笑反応。いじるのには微かすぎた)

「本当は何聞いてるんですか?」

「スカイピースです。」(人気YouTuber)

「え、スカイピース!?YouTuberでしょ?あの2人組の。」

「そうですそうです」

「スカイピースって曲出してるの?」

「コンサートの音源です」(コンサートって久々に聞きましたw)

「あーライブね?そんなに熱狂的なファンなんだ?」

「はい」

「なるほどね。俺今スカイピースについて勉強中なんで、どっかで勉強会しません?」

(唐突すぎw)

「いやもう帰るとこです」

「あら、もう帰っちゃうんすか。じゃあ急いでLINE交換しないとw」

「えー」

「大丈夫!すぐブロックするんで。」

「それ意味ないじゃんw」

「意味ないかw QRコードでいいすか?」

「okですw」

 

と、がっつきながらも強引にLINEゲット!笑

 

やった!

本当にナンパってLINE交換できるんだ!

てか声かけ初日で出来るとは思ってもなかった!

 

と大はしゃぎ。

 

しかしここからが問題のシーンです。

LINE交換してから、放流するまでの間

何を話せば良いのか全く分からなかったのです。

恐らく理想の形は

次のアポにつながるような話をしながら

場を盛り上げ、

良いタイミングで放流するような感じだと思うのですが

LINEゲットに大はしゃぎし、浮き足立っていた僕は

 

LINE交換後3秒で放流してしまいました。。

 

その結果、

LINE交換した翌日の夜にLINEを送るも

既読すら付かず。

死番となってしまいました。

ここは大きな反省点です。

 

後から気づいたのですが、

LINEをQRコードで交換する時

自分が読み取る係にならないとダメですね。

僕は読み取られる

受け身の方に回ってしまったので

相手のLINEの名前だったり、トプ画を1ミリもいじり倒すことができませんでした。

 

LINE交換時も攻めの姿勢でQRコードを読み取る。

 

良い教訓を得ました。笑

 

 

この後の声かけは

大した成果を上げられず、

結果として

ナンパ3日目は

 

声かけ:20ぐらい 

オープン:7ぐらい

Lゲ:1

 

となりました。

アバウトすぎですねw

次からはしっかりカウントしていきたいと思います!

 

連日の雨でなかなかストリート出れてないので

早く晴れて欲しいですね。

地蔵克服の感覚を忘れないうちに声かけしないと、

また地蔵状態に戻ってしまいそうで

怖いのが本音。

今日はてるてる坊主吊るして寝ます。

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コミュ障大学生がナンパ3日目で地蔵克服、LINE交換できた話

f:id:geyser-chris:20170830142927j:plain

 

やりました。

やってやりました。

 

ついに地蔵克服しました!

 

死ぬほど嬉しいです。

 

何事も

0から1を創り出すことが1番難しい

 

このブログだってそうです。

「そろそろブログ始めたいな〜」

なんてことは、

半年以上前から言っていました。

言い訳ばかりして

後回しからの後回しにしていました。

でも、いざ始めてみると

3週間で7記事を投稿でき、

月間PVは200を超えさせていただきました!

 

最初の1ヶ月は

「せいぜい50PVいけば良いほうだろうな」

なんて考えていたので、

とても嬉しいです。

ありがとうございます!

 

そして今もこうして8記事目を

涼しい顔で書いてます。笑

 

さて、話をナンパに戻すと

ナンパ3日目は

昼間の13時ぐらいから18時過ぎまでの5時間

誰に声をかけることもなく

 

ひたすら渋谷を徘徊してました。

 

いや、誤解を招かない為に言っておきますが

ナンパする気満々です。

ナンパ1日目、2日目の

2日間の地蔵経験から閃いた

様々な地蔵克服法も

 

女性の前では全て無力化されるのです。

 

f:id:geyser-chris:20170830161522j:plain

まさに遊戯王のこのカードです。

声かけするターゲットを、

ロックオン。攻撃宣言。

まず後ろから追い抜く。

斜め前方に出る。

振り向いて、ターゲットとアイコンタクト!

 

「こんにちは!」

 

あれ?声出てない。

ターゲットは不審がり逃亡。。

 

バトルフェイズ終了ですw

 

実はこの日の前日に

こんなツイートをしていました。

 

ゴッホさんのこの記事はとても勉強になりました。

goph.hatenablog.com

この記事によると、

 

ナンパの恐怖は、死の恐怖と密接な関係がある。

 

死の恐怖?

別にナンパ失敗しても死ぬわけじゃないし、関係なくない?

 

そう思った人もいるかもしれませんが、

この関係性は、

僕たちの本能を作った

石器時代にまで遡ると見えてくるようです。

 

石器時代では、

ふらふらと見ず知らずの女にアプローチするというナンパは、

死と隣り合わせの極めて危険な行為だったのである。

 金融日記95号「ナンパの地蔵現象の科学」

 

 

その女が属する群れの男に見つかったら、

すぐさま殺されてしまうからです。

 

その結果チャラチャラとナンパばかりしていた男の遺伝子は途絶え

ナンパに恐怖心を感じる男の遺伝子が生き残ったとのこと。

 

つまり、

知らない女に話しかけるときに恐怖を感じるように

生まれた時から我々の脳に強く刷り込まれているのだ。

 

恐怖心の正体が分かれば、

それに立ち向かう方法もおのずと見えてくる。

 

ナンパへの恐怖心を小さくする為には、

死の恐怖心を小さくすることを考えれば良い。

 

ナンパしても殺されない可能性を上げれば良い。

その手段の1つとして、

 

群れを作ってナンパする。

 

というものが考えられる。

 

ナンパした女が属する群れの男にバレたとしても、

こっちも群れでいれば、

殺される確率は格段に下がるだろう。

つまり地蔵を克服したければ

 

誰かと合流してナンパに挑めばいい。

 

ということになります。

 

ナンパ地蔵を克服する一番の近道は、

誰かと合流することなのかもしれない。

 

ゴッホさんの記事を読んで

こう思ったのにも関わらず、

 

逆にソロなのに、俺は誰かしらと合流してて指名されたっていうテイで明日声かけしてみよ。笑

 

というアホ丸出しのツイートをしてしまう僕w

これ、一応試してみたんですが

 

秒でバトルフェイズ終了しましたw

 

こんな自己暗示できるなら

とっくに地蔵克服できてるわ!

って話ですよね。笑

 

 

はじめての合流ナンパ

 

このことに

渋谷で炎天下の中

ソロで5時間地蔵してからやっと気づき、

19時ごろ渋谷から満員電車に乗り込み

新宿へ。

 

 Twitterを通じて知り合ったYさんと合流しました!

 

DMを経てです。

なんて良い時代に生まれたんだろう。

合流してくださったYさんは

新宿のナンパスポットに非常に詳しく

渋谷を彷徨うことしかしていなかった僕には

とても頼もしい案内人となってくれました。

 

まずは新宿駅東口へ。

言わずと知れたナンパ激戦区だそうです。

 

せっかく合流したので、

交互にナンパする女性を指名し合い、

指名されたら必ずその女性に声をかける作戦を決行。

所謂、指名ナンパってやつですね。

 

まず、僕が女性を指名するターン。

これやってみて意外だったのが

指名する方も若干緊張します。

スト値0.3の子を指名してしまったり

アラフォーの女性を指名してしまうと

自分の選球眼の低さを露呈してしまうからです。

可愛くて、なおかつオープンしやすそうな女性を

指名してあげることが

相手へのgiveとなり、

選球眼を鍛える練習にもなりますね。

 

指名1回目は、

まあまあ可愛いんじゃないかなって子を。

するとYさんは

なんの躊躇いもなく声かけ!

うまくはいかなかったものの、

素直にすげえって思いました。

勇気付けられましたね。

 

さあ、いよいよ自分が声かけするターン。

イヤホンしてる子の方が声かけしやすいかも!

という僕のわがままを聞いてくれて、

イヤホン女子を指名してくれました。

 

一気に心臓の鼓動が早まります。

でも、不思議とネガティブな感情はありませんでした。

やっぱり合流していると

ソロの時と声かけ前のメンタルが

全然違ってきます。

あったのは、

 

得体の知れない安心感

Yさんが見てるから、指名してくれたから、

声かけしないと!

というポジティブな緊張感

 

geyser.hateblo.jp

 の記事で書いた

 

緊急性を失う要因の排除

緊急性の生産

 

の2つの要因をバッチリと満たしてますね。

 

 

はじめての声かけ

 

一瞬の出来事でした。

 

 

 

 

 

 

 

「こんにちは!」

 

 

 

頭の中の雑念が全部

消しゴムで掻き消されたような状態に陥り、

気が付いたら

声をかけてました。

いや本当に。

誰かにリモコンで操縦されてるような感覚。

 

今まで散々

美女を追い抜かしながら

「こんにちは!」

って言いまくってたので、

心の中でですけどw

その成果も多少はあると思います!

地蔵にもがき苦しんだ時間も

決して無駄じゃなかったってことです。

 

 

しかしながら

イヤホン女子は

 

ガンシカ。

 

でも僕は粘ります。

「1個だけいいですか?」

と言いながら

イヤホン外して!というジェスチャー。 

 

 目を細めて首を横に振るイヤホン女子

 

負けじと、

「イヤホン取れます?」

必死にジェスチャーしまくるも、

 

頑なにイヤホンとってくれませんでした。

 

あえなく撃沈。

でも、ショッキングな気持ちは

1ミリもありませんでした。笑

 

 

俺すげーよ! 

やればできんじゃん!

 

てか、余裕じゃん!!

声かけなんて、

全然大したことないじゃん! 

 

 

これがはじめてのナンパを終えた直後の正直な気持ちです。

 

地蔵になっていた間、

あれだけ気にしていた他人の視線。

実際にナンパしてみて分かりました。

 

誰も見てません。気にしてません。

 

ナンパしても、死にませんw

 

これらを実感できたのが、

初声かけでの

大きな大きな収穫でした。

 

 

でも貪欲な僕は勢いに乗り、

このあとYさんと共に怒涛の20声かけ。

初のLゲも成し遂げるわけですが、

想定外の3100文字オーバーと

あまりにも記事が長くなりすぎてしまったので

続きは明日書きます!

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました!