GEYSER大学生

Fラン大学生が、女と金を「geyser=噴出」させる話。

初めてのナンパ

f:id:geyser-chris:20170813232905j:plain

ストリートナンパを始めたい。

この気持ちは数年前からずっと、心の奥底にあった。

でも、ひたすら逃げてきた。

この不甲斐ない現状を変えたい。その一心だった。

 

ついに今日、初めてストナンをすることを目的に街に出た。

場所は渋谷。言わずと知れたナンパスポットだ。

 

 

geyser.hateblo.jp

この記事でも書いた通り、 行動しないと何も変わらない。

このことだけは知っていた僕は、

まずは行動しよう。行動しなければ何も始まらない。

と思い、特にこれといった準備もせずに渋谷に着いた。

決めていたことはたったの3つ。

  • 第一声は、こんにちは!
  • 声をかける時は、後ろから追い抜いて斜め前方をキープしながら
  • あとは、その相手の服装や言動、表情をいじり倒す

 

正直、余裕だと思っていた。

僕には不思議と、根拠のない自信があった。

それはテスト直前のあれとよく似ていた。

 

 

センター街を、競歩選手顔負けの速さで歩く金髪の可愛いギャルを発見。

よし、声かけしてやろう。

追い抜き斜め前方をキープしながら、声をかけるだけ。

そうそう、追い抜きながら声をかける。追い抜きながら。。

 

なんということだろうか。追い抜くことさえできない。

マラソンで「一緒に走ろうな」と約束した友達を抜かすことよりも難しい。

近づけば近づくほど、心臓の鼓動がはやくなる。はち切れそうなくらい。

結果、トラック3周分くらいをストーカーしただけとなった。

 

なるほど。これが地蔵ってやつか。

この心臓バクバク現象の原因として考えられるのは、

  • 声かけをする直前になると急に、ネガティヴな思考、悪魔のささやきに死ぬほど襲われる。
  • 声かけに今更感が出る。(?)

とにかく、ターゲットを決めたら、なるべくはやく、勢いで声かけにいかないとダメだと気づかされた。

これは実際に街に出てみたいと分からなかった大きな学びだ。

 

よし、次はターゲット決めた瞬間に声かけてやろう。

次のターゲットを探す。

探す。探す。探す。

 

全然ターゲットを決められない。

ブスに声をかけたら、「あいつあんなブスにも声かけんのかよ」って誰かにツイッターで言われそうな気がするし、

まあまあの美人には、「もっと可愛い子がいるはず」って思ってしまう。

死ぬほどの美人には、「可愛すぎる」

 

あれ?

これじゃあもう男にしか声かけできなくね?

どうやらターゲットの選定は緩く、幅広くストライクゾーンを設定した方が良さそうだ。

何より僕はまだ修行僧の身だからなおさらだ。

声かけまくって経験積みまくらないと。

 

その後10人ぐらいの後をつけるも、全て声かけ直前に心臓が爆発し、

結局6時間かけて、声かけ0。

ただ桃鉄のボンビーになって終わってしまった。。

 

不甲斐なさ過ぎる。

ストナンってこんなに難しいのか。

 

 

とりあえずはやく地蔵脱出しないと。

スタートラインにすら立ててない感をヒシヒシと感じます。